CentOS 7
Sponsored Link

Webメールシステム : RainLoop
2014/09/29
 
RainLoop をインストールして、Yahoo メールや Hotmail のような Web メールシステムを構築します。 ここの例では下記の通り、同一 LAN 内の別ホストのメールサーバーを利用するように設定します。
 
www.srv.world
  - RainLoop 導入 Web サーバー
 
mail.srv.world
  - SMTP/IMAP サーバー
[1]
[2]
[3]
[4]
[5] RainLoop のインストールと設定です。
[root@www ~]#
curl -O http://repository.rainloop.net/v2/webmail/rainloop-latest.zip

[root@www ~]#
mkdir /var/www/html/rainloop

[root@www ~]#
unzip rainloop-latest.zip -d /var/www/html/rainloop

[root@www ~]#
find /var/www/html/rainloop -type d -exec chmod 755 {} \;

[root@www ~]#
find /var/www/html/rainloop -type f -exec chmod 644 {} \;

[root@www ~]#
chown -R apache. /var/www/html/rainloop

[6] SELinux を有効にしている場合は、対象ディレクトリに対してポリシーの許可設定が必要です。
[root@www ~]#
chcon -R -t httpd_sys_rw_content_t /var/www/html/rainloop/data

[root@www ~]#
semanage fcontext -a -t httpd_sys_rw_content_t /var/www/html/rainloop/data

[7] クライアントPC で Web ブラウザを起動し、「https://(サーバーのホスト名またはIPアドレス)/rainloop/?admin」にアクセスします。 すると以下のようにログイン画面になるので、ユーザー名「admin」初期パスワード「12345」を入力してログインします。
[8] ログイン後、admin パスワードを変更しておきます。「change」をクリックします。

 

[9] 変更前、変更後のパスワードを入力し、「Update Password」をクリックします。 画面に変化はないですがアップデートはされているので、一旦ログアウトして再度ログインし、確認してください。

 

[10] 表示言語を変更します。「English」をクリックしてください。

 

[11] 日本語を選択して、選択画面右上の「×」をクリックして閉じます。
[12] 管理画面の表示言語は変化ないですが、ユーザー画面は変更されています。 次に、左メニューで「Domains」を選択し、「Add Domain」をクリックします。

 

[13] 以下のようにメールサーバーの情報を入力して、右下の「Add」をクリックします。
[14] 左メニューで「Login」を選択し、「Default Domain」に先ほど追加したドメインの「Name」フィールドに設定した名前を入力し、 「Try to determine user domain」にチェックを入れます。問題なければグリーンのチェックマークが表示されます。 以上で最低限の設定は完了です。
[15] RainLoop Web メールを利用するには、「https://(サーバーのホスト名またはIPアドレス)/rainloop/」にアクセスし、 メールサーバーに登録してあるユーザーでログインします。
[16] ログインできました。RainLoop Web メールのメイン画面になります。
 
Tweet