CentOS 7
Sponsored Link

Gitolite3 : アクセス権の設定
2015/07/21
 
リポジトリのアクセス権の設定をします。作業は Gitolite 管理者で実施します。
[1] 例として、public-repo に cent ユーザーのみ読み書き権限を付与する。
-sh-4.2$
cd ~/gitolite-admin/conf

-sh-4.2$
vi gitolite.conf
# ユーザーの指定はユーザーの SSH 鍵のファイル名

repo public-repo
    RW+     =   id_cent

-sh-4.2$
git commit -a -m "Change Permission for public-repo"

-sh-4.2$
git push

[2] 例として、public-repo に developer グループのみ読み書き権限を付与する。
-sh-4.2$
cd ~/gitolite-admin/conf

-sh-4.2$
vi gitolite.conf
@developer = id_cent id_ubuntu

repo public-repo
    RW+     =   @developer

-sh-4.2$
git commit -a -m "Change Permission for public-repo"

-sh-4.2$
git push

[3] 例として、public-repo に 以下のようなアクセス権を付与する。
・id_redhat は全てに読み書き権限
・deployer グループは「prod」ブランチに読み書き権限
・developer グループは「dlp」ブランチに読み書き権限
-sh-4.2$
cd ~/gitolite-admin/conf

-sh-4.2$
vi gitolite.conf
@developer = id_cent id_ubuntu
@deployer = id_debian id_fedora

repo public-repo
    RW+     =   id_redhat
    RW prod =  @deployer
    RW dlp  =  @developer

-sh-4.2$
git commit -a -m "Change Permission for public-repo"

-sh-4.2$
git push

 
Tweet