CentOS 7
 

Func : YumModule を利用する
2016/09/29
 
台数の多いサーバーの管理において、全台に同じアプリケーションをインストールすることは面倒な作業の一つです。そのような場合は YumModule で各 Minion へ yum コマンドを一括発行すると速やかに作業が完了できます。
[1] 全ての Minionで yum update する。
[root@dlp ~]#
func "*" call yumcmd update

('node01.srv.world',
 'command: update \nkernel-tools.x86_64 0:3.10.0-327.36.1.el7 - u\nbind-license.noarch 32:9.9.4-29.el7_2.4 - u\n.....
('dlp.srv.world',
 'command: update \nkernel-tools.x86_64 0:3.10.0-327.36.1.el7 - u\nbind-license.noarch 32:9.9.4-29.el7_2.4 - u\n.....
[2] 特定の Minion で 特定のパッケージをインストールする。
全 func コマンドに言えることですが、表示結果が文字列としての「\n」をそのまま含むため、置換すると読み取り易くなります。
[root@dlp ~]#
func "node01.srv.world" call yumcmd install "httpd mariadb-server" | sed 's/\\n/\n/g'
{'node01.srv.world': 'command: install httpd mariadb-servermariadb-server.x86_64 1:5.5.50-1.el7_2 
    - uhttpd.x86_64 0:2.4.6-40.el7.centos.4 - u'}
 
Tweet