CentOS 7
Sponsored Link

Dnsmasq : DHCPサーバーの設定
2016/08/31
 
Dnsmasq 組み込みの DHCP 機能を有効にして DHCPサーバーの設定をします。
[1] Dnsmasq の設定です。
[root@dlp ~]#
vi /etc/dnsmasq.conf
# 146行目:追記 (貸し出すアドレスの範囲とリース期間)

dhcp-range=10.0.0.200,10.0.0.250,12h
# 316行目:追記 (デフォルトゲートウェイを定義)

dhcp-option=option:router,10.0.0.1
# 325行目:追記 (NTP, DNS, サブネットマスクを定義)

dhcp-option=option:ntp-server,10.0.0.10
dhcp-option=option:dns-server,10.0.0.10
dhcp-option=option:netmask,255.255.255.0
[root@dlp ~]#
systemctl restart dnsmasq

[2] Firewalld を有効にしている場合は、DHCP サービスの許可が必要です。なお、DHCPサーバー は 67/UDP を使用します。
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --add-service=dhcp --permanent

success
[root@dlp ~]#
firewall-cmd --reload

success
[3]
以上で設定完了です。DHCP クライアントを設定して、正常に IPアドレスが割り振られるか確認してください。
 
Tweet