CentOS 7
Sponsored Link

BIND インストール/設定
2014/07/10
 
名前解決サービスである DNS (Domain Name System) サーバーを構築します。
[1] BIND をインストールします。
[root@dlp ~]#
yum -y install bind bind-utils
[2] BIND の設定です。
以下での設定は、グローバルアドレス [172.16.0.80/29], プライベートアドレス [10.0.0.0/24], ドメイン名 [srv.world] と仮定した場合の設定です。自身の環境に合わせて置き換えてください。 (172.16.0.80/29 は実際にはプライベート用のアドレスです)
[root@dlp ~]#
vi /etc/named.conf
//
// named.conf
//
// Provided by Red Hat bind package to configure the ISC BIND named(8) DNS
// server as a caching only nameserver (as a localhost DNS resolver only).
//
// See /usr/share/doc/bind*/sample/ for example named configuration files.
//

options {
        # 変更 ( 全てリスンする )
        listen-on port 53 { any; };
        # 変更 ( IPv6を使わない場合 )
        listen-on-v6 { none; };
        directory           "/var/named";
        dump-file           "/var/named/data/cache_dump.db";
        statistics-file     "/var/named/data/named_stats.txt";
        memstatistics-file  "/var/named/data/named_mem_stats.txt";
        # 問い合わせを許可する範囲 ( 内部ネットワーク等を指定 )
        allow-query         { localhost; 10.0.0.0/24; };
        # ゾーン情報の転送を許可する範囲 ( セカンダリDNSがいればその場所/範囲 )
        allow-transfer      { localhost; 10.0.0.0/24; };

        recursion yes;

        dnssec-enable yes;
        dnssec-validation yes;
        dnssec-lookaside auto;

        /* Path to ISC DLV key */
        bindkeys-file "/etc/named.iscdlv.key";

        managed-keys-directory "/var/named/dynamic";

        pid-file "/run/named/named.pid";
        session-keyfile "/run/named/session.key";
};
logging {
        channel default_debug {
                file "data/named.run";
                severity dynamic;
        };
};

# 以下より全行変更
view "internal" {
        match-clients {
                localhost;
                10.0.0.0/24;
        };
        zone "." IN {
                type hint;
                file "named.ca";
        };
        zone "srv.world" IN {
                type master;
                file "srv.world.lan";
                allow-update { none; };
        };
        zone "0.0.10.in-addr.arpa" IN {
                type master;
                file "0.0.10.db";
                allow-update { none; };
        };
include "/etc/named.rfc1912.zones";
include "/etc/named.root.key";
};
view "external" {
        match-clients { any; };
        allow-query { any; };
        recursion no;
        zone "srv.world" IN {
                type master;
                file "srv.world.wan";
                allow-update { none; };
        };
        zone "80.0.16.172.in-addr.arpa" IN {
                type master;
                file "80.0.16.172.db";
                allow-update { none; };
        };
};

# allow-query              ⇒ 問い合わせを許可する範囲 (内部ネットワーク等を指定)
# allow-transfer           ⇒ ゾーン情報の転送を許可する範囲 (セカンダリDNSがいればその場所/範囲)
# recursion                ⇒ 再起検索を許可するかどうか
# view "internal" { ** };  ⇒ 内部向けの定義を記述している
# view "external" { ** };  ⇒ 外部向けの定義を記述している

# *.*.*.*.in-addr.arpa の箇所についてはネットワークアドレスを逆にしたものを入力する
# 10.0.0.0/24 の場合
# ネットワークアドレス    ⇒ 10.0.0.0
# ネットワークの範囲     ⇒ 10.0.0.0 - 10.0.0.255
# 指定方法          ⇒ 0.0.10.in-addr.arpa

# 172.16.0.80/29 の場合
# ネットワークアドレス    ⇒ 172.16.0.80
# ネットワークの範囲     ⇒ 172.16.0.80 - 172.16.0.87
# 指定方法          ⇒ 80.0.16.172.in-addr.arpa
 
Tweet