CentOS 7
 

Cacti : しきい値設定を有効にする
2015/06/16
 
しきい値が設定できるようにプラグインを有効にします。
[1] 事前にしきい値用のプラグインをダウンロードしておきます。プラグインは下記サイトで最新のものを確認してダウンロードしてください。
⇒ http://docs.cacti.net/plugins
[root@dlp ~]#
wget -P /usr/share/cacti/plugins http://docs.cacti.net/_media/plugin:thold-v0.5.0.tgz

[root@dlp ~]#
tar zxvf /usr/share/cacti/plugins/plugin:thold-v0.5.0.tgz -C /usr/share/cacti/plugins

[2] Cacti の管理サイトにログインし、左メニューで「Plugin Management」をクリックし、右ペインの「Thold」横の↓アイコンをクリックします。

   

[3] →ボタンをクリックしてプラグインを有効にします。

 

[4] 有効になると Active ステータスになります。
[5] 左メニューで「Notification Lists」をクリックし、右ペイン上部の「Add」をクリックします。

   

[6] 「Name」欄には任意の名前を、「Description」欄には任意の説明書きを、 「Email Address」欄には送信先のメールアドレスを入力して「Create」ボタンをクリックします。
[7] 左メニューで「Settings」をクリックし、右ペインで「Thresholds」タブに移動します。

   

[8] 画面を下へスクロールさせ、「Dead Host Notification Email」欄に、ホストダウン時の通知先メールアドレスを入力し、 画面を最下へスクロールさせて、「Save」ボタンをクリックします。以上でしきい値を設定するための事前設定は完了です。 実際のしきい値の設定は次項を参照ください。

 

 
Tweet