CentOS 6
Sponsored Link

KVM - 仮想マシンを作成する(CentOS 6)
2014/01/30
 
仮想マシンを作成してみましょう。ここではベースシステムと同じ CentOS 6 をインストールしてみます。
事前にこちらを参照してCentOS 6 のインストールイメージをベースシステム内の任意の場所にダウンロードしておくか、 またはインストール用メディアを作成しておいてください。 インストールメディアを使う場合は、メディアをドライブに入れておいてください。
[1] 「アプリケーション」-「システムツール」-「仮想マシンマネージャー」をクリックして開いてください。
[2] rootパスワードを求められるので、入力して認証してください。 認証が成功すると以下のように仮想マシンマネージャーが起動します。 ここで仮想マシンを新規作成するために、左上のPCアイコンをクリックしてください。
[3] 仮想マシンの名前を入力してください。任意の名前でOKです。 下段の選択肢はデフォルトの「ローカルのインストールメディア」でOKです。
[4] 上段は、インストールメディアを使う場合はデフォルトのままでOKです。 以下の例では前もってダウンロードしておいたISOイメージを使うので、以下のように「ISOIイメージを使用」にチェックを入れ、 ISOイメージの場所を指定しています。下段は以下の通り選択してください。 インストールするのは「CentOS 6」ですが選択は「Read Hat Enterprise Linux 6」でOKです。
[5] 仮想マシンに割り当てるメモリ容量と仮想CPU数を入力してください。 ここはベースシステムのスペックとのバランスで決定する必要があります。
[6] 仮想マシンのディスク容量を入力してください。 全項と同じくベースシステムのスペックとのバランスで決定する必要があります。
[7] 以上で設定完了です。「完了」ボタンをクリックしてください。
[8] CentOS 6 のインストーラが起動します。 この後のインストール手順はこちらと全く同じです。
[9] インストールが終了すると、仮想マシンは再起動せずに一旦停止します。 よって、以下のように仮想マシンマネージャの上段の再生ボタンをクリックして再度起動してください。 起動後はマシン名をダブルクリックするとコンソールが開きます。
[10] 仮想マシンが起動しました。CentOS 6 上で CentOS 6 が稼働している状態です。
 
Tweet