CentOS 6
Sponsored Link

VNCサーバーの設定
2014/08/10
 
VNCサーバーをインストールして、クライアントPC からグラフィカルにリモート接続できるようにします。
[1] VNCサーバーをインストールし、VNC接続を設定したいユーザーに遷移して VNCパスワードを設定した後、VNCサーバーを起動します。
[root@dlp ~]#
yum -y install tigervnc-server
[root@dlp ~]#
su - cent
   
# VNCを設定するユーザーに遷移

[cent@dlp ~]$
vncpasswd
   
# VNC用パスワード設定

Password:    
# 入力

Verify:    
# 再入力

[cent@dlp ~]$
vncserver :1
   
# 起動

xauth: creating new authority file /home/cent/.Xauthority
New 'dlp.srv.world:1 (cent)' desktop is dlp.srv.world:1
Creating default startup script /home/cent/.vnc/xstartup
Starting applications specified in /home/cent/.vnc/xstartup
Log file is /home/cent/.vnc/dlp.srv.world:1.log
[cent@dlp ~]$
vncserver -kill :1
   
# 一旦停止

Killing Xvnc process ID 2187
[cent@dlp ~]$
vi /home/cent/.vnc/xstartup
#
twm &    
# 最終行:コメント化

exec gnome-session &
   
# Ghome起動
# ディスプレイ番号「1」、解像度「800x600 」、色深度「24」で起動

[cent@dlp ~]$
vncserver :1 -geometry 800x600 -depth 24

[2]
サーバー側でVNCサーバーを起動したら、次はクライアントPCに移動し、VNCクライアントをインストールします。 ここでは Windows 7 クライアントを例にします。
VNCクライアントについては、下記サイトより、最新版の UltraVNC をダウンロードしてください。
ダウンロードしたらインストールして、「UltraVNC Viewer」をクリックして起動します。 以下の画面で「VNC Server」の欄に「サーバーのホスト名またはIPアドレス:[1]で指定したディスプレイ番号」と指定し、「Connect」ボタンをクリックします。
[3] 以下の画面になるので[1]で設定したパスワードを入力します。
[4] 接続できました。
[5] 日本語環境にしている場合、 VNC経由でも日本語入力できるようにするには以下のようにします。
[cent@dlp ~]$
vi /home/cent/.vnc/xstartup
# 最終行に追記

export GTK_IM_MODULE=scim
# VNC起動

[cent@dlp ~]$
vncserver :1 -geometry 800x600 -depth 24

  日本語入力の切り替えは 「Ctrl + スペース」です。
 
Tweet