CentOS 6
 

GNOME デスクトップ環境
2014/08/10
 
サーバーにデスクトップ環境は通常は必要ない場合が多いのですが、ときに必要なアプリケーションが GUI 必須のものがあるため、必要になった場合は以下のようにして環境を導入します。
[1] ここでは GNOMEデスクトップ環境をインストールします。
[root@dlp ~]#
yum -y groupinstall "X Window System"

[root@dlp ~]#
yum -y groupinstall "Desktop"

[root@dlp ~]#
yum -y groupinstall "General Purpose Desktop"
[2] インストールが完了したら、リモート接続ではなく直接コンソール経由でログインし、以下のコマンドを実行します。するとデスクトップ環境が起動します。
[root@dlp ~]#
[3] 以下のようにデスクトップ画面が起動し、グラフィカルな画面での操作が可能となります。
日本語環境にする
[4] 日本語環境にしたい場合、まずは、こちらを参照して日本語関連の設定をしてください。
設定後、デスクトップを起動すると、以下のようにフォルダ名の確認が出ますので好みに応じて変更してください。 後付けで日本語環境にした場合にはこのような確認画面が表示されます。
[5] 日本語の入力は、Windows と同様に「半角/全角」キーで切り替えて入力することができます。
 
Tweet