CentOS 6
Sponsored Link

SysStat : インストール
2015/02/03
 
SysStat をインストールしてシステムの様々な情報を取得できるようにします。
[1] SysStat をインストールします。
[root@dlp ~]#
yum -y install sysstat
[root@dlp ~]#
/etc/rc.d/init.d/sysstat start

Calling the system activity data collector (sadc):
[root@dlp ~]#
chkconfig sysstat on

[2]
システム情報の取得は以下のように cron にセットされたジョブにより実行されます。
・10分おきに /usr/lib64/sa/sa1 コマンドがサーバー情報を「/var/log/sa/sa**」ファイルに記録する。
・毎日 23時53分に /usr/lib64/sa/sa2 コマンドが当日の集計情報を「/var/log/sa/sar**」に出力する。
/usr/lib64/sa/sa1 コマンドでの情報取得の間隔を、例えば 1分間隔に変更したい場合は、行頭を「*/1」と変更すれば OK です。
[root@dlp ~]#
cat /etc/cron.d/sysstat

# Run system activity accounting tool every 10 minutes
*/10 * * * * root /usr/lib64/sa/sa1 1 1
# 0 * * * * root /usr/lib64/sa/sa1 600 6 &
# Generate a daily summary of process accounting at 23:53
53 23 * * * root /usr/lib64/sa/sa2 -A
[3] ログの保管期間等を変更する場合は以下のファイルに設定します。
[root@dlp ~]#
vi /etc/sysconfig/sysstat
# sysstat-9.0.4 configuration file.

# How long to keep log files (in days).
# If value is greater than 28, then log files are kept in
# multiple directories, one for each month.
# ログの保管期間(日数)

HISTORY=28

# Compress (using gzip or bzip2) sa and sar files older than (in days):
# 指定日数より古いログは圧縮する

COMPRESSAFTER=31

# Parameters for the system activity data collector (see sadc manual page)
# which are used for the generation of log files.
# デフォルトでは取得されない設定となっている情報を追加取得するオプション *1

SADC_OPTIONS="-S DISK"

# Compression program to use.
# 圧縮プログラム

ZIP="bzip2"

# *1 指定可能なオプション
INT     ⇒  System Interrupts
DISK    ⇒  Block Devices
SNMP    ⇒  SNMP statistics
IPV6    ⇒  IPv6 statistics
POWER   ⇒  Power Management statistics
ALL     ⇒  All of the above
XDISK   ⇒  DISK + Partition statistics
XALL    ⇒  All of the above (ALL + XDISK)
 
Tweet