CentOS 6
Sponsored Link

Subversion : インストール
2015/04/05
 
バージョン管理ツール Subversion のインストールと設定です。
[1] Subversion をインストールします。
[root@dlp ~]#
yum -y install subversion
[2] リポジトリを作成します。例として「/var/svn/repos/project」に作成します。
[root@dlp ~]#
mkdir -p /var/svn/repos/project

[root@dlp ~]#
svnadmin create /var/svn/repos/project

[root@dlp ~]#
svn mkdir file:///var/svn/repos/project/trunk -m "create"

Committed revision 1.
[root@dlp ~]#
svn mkdir file:///var/svn/repos/project/branches -m "create"

Committed revision 2.
[root@dlp ~]#
svn mkdir file:///var/svn/repos/project/tags -m "create"

Committed revision 3.
[3] 作成したリポジトリに、すでにある作業ファイルをインポートする場合は、以下のようにします。 例として「/home/project」配下にある作業ファイルを作成したリポジトリの「trunk」へインポートします。
[root@dlp ~]#
svn import /home/project file:///var/svn/repos/project/trunk -m "initial import"

Adding         /home/project/count.cgi
Adding         /home/project/index.html
Adding         /home/project/main.php

Committed revision 4.

# 確認

[root@dlp ~]#
svn list file:///var/svn/repos/project/trunk

count.cgi
index.html
main.php
[4] svnserve を起動して、他ホストからもリポジトリへアクセス可能とします。なお、svnserve は 3690/TCP をリスンします。必要に応じてファイアウォールに許可設定をしてください。
# サーバー側で svnserve 起動

[root@dlp ~]#
/etc/rc.d/init.d/svnserve restart

Starting svnserve: [ OK ]
# クライアントからのアクセス (デフォルトは読み取り専用)

[cent@client ~]$
svn list svn://dlp.srv.world/var/svn/repos/project

branches/
tags/
trunk/
# チェックアウト

[cent@client ~]$
svn checkout svn://dlp.srv.world/var/svn/repos/project

A    project/trunk
A    project/trunk/count.cgi
A    project/trunk/index.html
A    project/trunk/main.php
A    project/branches
A    project/tags
Checked out revision 4.
[5] svnserve を利用せずに、SSH 経由でアクセスすることも可能です。 3690/TCP を開放したくない場合や、SSH と認証を連携させたい場合などに利用するとよいでしょう。
[root@dlp ~]#
/etc/rc.d/init.d/svnserve stop

Stopping svnserve: [ OK ]
# クライアントからの SSH アクセス

[cent@client ~]$
svn list svn+ssh://cent@dlp.srv.world/var/svn/repos/project

cent@dlp.srv.world's password:
branches/
tags/
trunk/
 
Tweet