CentOS 6
Sponsored Link

Squid ログレポート - LightSquid
2014/08/16
 
LightSquid をインストールして、Squid のログレポートを生成できるようにします。
[1]
[2] LightSquid をインストールします。
# EPEL からインストール

[root@prox ~]#
yum --enablerepo=epel -y install lightsquid lightsquid-apache
[root@prox ~]#
vi /etc/httpd/conf.d/lightsquid.conf
<Directory /usr/share/lightsquid/cgi>
    DirectoryIndex index.cgi
    Options ExecCGI
    AddHandler cgi-script .cgi
    AllowOverride None
   
# アクセス許可IP追記

    Order Deny,Allow
    Deny from all
    Allow from 127.0.0.1 10.0.0.0/24
</Directory>
[root@prox ~]#
/etc/rc.d/init.d/httpd restart

Stopping httpd: [ OK ]
Starting httpd: [ OK ]
# ログレポート生成

[root@prox ~]#
/usr/sbin/lightparser.pl
# ログレポートは cron により、前日分が毎日自動生成される
[3] SELinux を有効にしている場合、ポリシーの変更が必要です。
[root@prox ~]#
chcon -R -t httpd_squid_content_t /var/lightsquid

[root@prox ~]#
semanage fcontext -a -t httpd_squid_content_t /var/lightsquid
[4] クライアントPC で Web ブラウザを起動し、「http://(サーバーのホスト名またはIPアドレス)/lightsquid/」にアクセスします。 すると 以下のように Squid のログレポートを閲覧することができます。
 
Tweet