CentOS 6
Sponsored Link

phpLDAPadmin - インストール
2015/03/18
 
phpLDAPadmin をインストールして Web ブラウザ経由で LDAP サーバーの管理ができるように設定します。
[1]
[2]
[3] phpLDAPadmin をインストールします。
# EPEL からインストール

[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=epel -y install phpldapadmin
[root@dlp ~]#
vi /etc/phpldapadmin/config.php
# 397行目:コメント解除, 398行目:コメント化

$servers->setValue('login','attr','dn');
//
$servers->setValue('login','attr','uid');
[root@dlp ~]#
vi /etc/httpd/conf.d/phpldapadmin.conf
Alias /phpldapadmin /usr/share/phpldapadmin/htdocs
Alias /ldapadmin /usr/share/phpldapadmin/htdocs
<Directory /usr/share/phpldapadmin/htdocs>
  Order Deny,Allow
  Deny from all
  Allow from 127.0.0.1
10.0.0.0/24
   
# アクセス許可IP追記

  Allow from ::1
</Directory>
[root@dlp ~]#
/etc/rc.d/init.d/httpd restart

Stopping httpd:                     [  OK  ]
Starting httpd:                     [  OK  ]
[4] サーバーの httpd でアクセス許可したネットワーク範囲内の任意のコンピュータから Webブラウザを起動して「http://(サーバーのホスト名またはIPアドレス)/ldapadmin/」にアクセスします。 以下の画面が表示されたら、左メニューの「login」をクリックします。

 

[5] ディレクトリマネージャーで認証します。ユーザー名は以下のように指定し、ディレクトリマネージャーパスワードを入力してログインします。 なお、ディレクトリマネージャーでなくとも、任意の一般ユーザーでもログインは可能です。
[6] ログインできました。ここから Web GUI で LDAP サーバーの管理をすることができます。
 
Tweet