CentOS 6
Sponsored Link

SpeedyCGI を利用する
2014/09/13
 
SpeedyCGI を使って Perlスクリプトの実行を高速化します。 mod_perl と異なるのは、SpeedyCGI のプロセスは Apache プロセスとは分離して動作するところです。
[1] SpeedyCGI インストール
# EPEL からインストール

[root@www ‾]#
yum --enablerepo=epel -y install perl-CGI-SpeedyCGI
[2]
使い方(コードの記述方法)です。
記述自体は特に変える必要はなく、頭のパスを「#!/usr/bin/speedy」にかえてやればよいだけです。
ただし、mod_perl の Registryモードと同じく、変数の扱い方等、コードの書き方に注意が必要です。
例えば、以下のような単に0に1を足して表示するスクリプトがあったとします。
#!/usr/bin/perl

use strict;
use warnings;

print "Content-type: text/html\n\n";
print "<html>\n<body>\n";
print "<div style=\"width:100%; font-size:40px; font-weight:bold; text-align:center;\">";

my $a = 0;
&number();

print "</div>\n</body>\n</html>";

sub number {
   $a++;
   print "number \$a = $a";
}
  通常の Perlスクリプトとして実行すると以下のような応答が返ります。当然ですが何度リロードしても同じ結果です。
  これを頭のパスをかえて SpeedyCGI対応で動作させるとリロードする毎に値がどんどん増えていきます。
  このように、変数の値もメモリに保持するため、コードの書き方によっては意図した動作をしなくなります。 今回の例では、SpeedyCGI対応にする場合、以下のようにすることで本来の動作となります。
#!/usr/bin/speedy

use strict;
use warnings;

print "Content-type: text/html\n\n";
print "<html>\n<body>\n";
print "<div style=\"width:100%; font-size:40px; font-weight:bold; text-align:center;\">";

my $a = 0;
&number(
$a
);
print "</div>\n</body>\n</html>";

sub number {
  
my($a) = @_;

   $a++;
   print "number \$a = $a";
}
 
SpeedyCGI の主なオプションです。「#!/usr/bin/speedy --」に続けてオプションを指定します。
例 ⇒ #!/usr/bin/speedy -- -t300 -M1
(1) -t秒数
指定の秒数後、何も新しいリクエストを受け取らなければ常駐perlインタープリタを終了
(デフォルトは3600秒)
(2) -M数字
指定数だけバックエンドのプロセスを制限
(デフォルトは0。すなわち制限なし)
(3) -Bバッファ数
perlバックエンドからデータを受け取るバッファ数を指定
(バイト単位で指定。デフォルトは131072バイト)
(4) -bバッファ数
perlバックエンドにデータを送るバッファ数を指定
(バイト単位で指定。デフォルトは131072バイト)
(5) -r回数
指定回数実行したらバックエンドプロセスを再起動
(デフォルトは500回)

 
Tweet