CentOS 6
Sponsored Link

Eucalyptus - インストール#1 - 管理サーバーの設定
2013/02/24
 
Eucalyptus によるクラウド基盤の構築です。
Eucalyptus は以下のようなコンポーネントで構成されます。
CLC (Cloud Controller)     ⇒   クラウド全体を管理するコンポーネント
Walrus     ⇒   仮想マシンイメージなどを管理するコンポーネント
SC (Storage Controller)     ⇒   ストレージボリュームを提供するコンポーネント
CC (Cluster Controller)     ⇒   ネットワークを管理するコンポーネント
NC (Node Controller)     ⇒   Hypervisor にインスタンスの起動を命令するコンポーネント
それぞれのコンポーネントを、別々のシステムに分けてインストールすることもできますが、 ここでは例として以下のような環境で構築します。
#1) frontend.srv.world     [10.0.0.30]   ⇒   管理サーバー ( CLC, Walrus, SC, CC インストール )
#2) node01.srv.world     [10.0.0.40]   ⇒   ノードコントローラ ( NC インストール, KVMホスト構築済み )
まずは管理サーバーの構築です。
[1]
ここでは、Eucalyptus のネットワーク機能を最もシンプルな SYSTEM Mode で構成するため、 まずは、DHCPサーバーをインストールして稼動させておきます。
[2] Eucalyptus のインストールに必要なリポジトリを追加しておきます。
[root@frontend ~]#
yum -y install \
http://downloads.eucalyptus.com/software/eucalyptus/3.2/centos/6/x86_64/eucalyptus-release-3.2.noarch.rpm \
http://downloads.eucalyptus.com/software/eucalyptus/3.2/centos/6/x86_64/elrepo-release-6.noarch.rpm \
http://downloads.eucalyptus.com/software/euca2ools/2.1/centos/6/x86_64/euca2ools-release-2.1.noarch.rpm
[3] 各コンポーネントをインストールします。
# EPELを有効にしてインストール

[root@frontend ~]#
yum --enablerepo=epel -y install eucalyptus-cloud eucalyptus-walrus eucalyptus-sc eucalyptus-cc euca2ools openssh-clients
[root@frontend ~]#
vi /etc/eucalyptus/eucalyptus.conf
# 22行目:コメント解除

CREATE_SC_LOOP_DEVICES=256
# 165行目:変更

VNET_MODE="
SYSTEM
"
# 204,205行目:コメント解除し変更 ( インスタンスに割り当てられる内部サブネットとマスクを指定 )

VNET_SUBNET="
10.0.0.0
"
VNET_NETMASK="
255.255.255.0
"
[root@frontend ~]#
euca_conf --initialize

Initializing a new cloud. This may take a few minutes.
Initialize command succeeded
[root@frontend ~]#
/etc/rc.d/init.d/eucalyptus-cloud start

Starting Eucalyptus services: done.
[root@frontend ~]#
/etc/rc.d/init.d/eucalyptus-cc start

Starting Eucalyptus cluster controller: done.
 
Tweet