CentOS 6
Sponsored Link

PerlモジュールのRPMを作成する
2011/07/17
 
RPMforgeやEPEL等の外部リポジトリを探せば多くのPerlモジュールがRPMパッケージで配布されていますが、RPMパッケージがない場合もあります。 そのような場合は、CPANから取得したものを Makefile.PL ~ make ~ make install で直接入れるのもよいですが、 取得した PerlモジュールをRPMパッケージにして入れると、後々も管理しやすく削除も容易で便利です。 Perlモジュール管理では cpan2rpm が有名ですが、ここでは別の方法で作成してみます。
[1] cpanflute インストール
[root@dlp ~]#
yum --enablerepo=rpmforge -y install perl-RPM-Specfile
 
# RPMforgeからインストール
[2] Perlモジュールを取得し、SRPMパッケージからビルドする
[root@dlp ~]#
mkdir -p rpmbuild/{BUILD,BUILDROOT,RPMS,SOURCES,SPECS,SRPMS}

[root@dlp ~]#
cd /root/rpmbuild/SOURCES

[root@dlp SOURCES]#
wget http://search.cpan.org/CPAN/authors/id/D/DA/DANKOGAI/Jcode-2.07.tar.gz

[root@dlp SOURCES]#
cpanflute2 Jcode-2.07.tar.gz

Wrote: /root/rpmbuild/SRPMS/perl-Jcode-2.07-8.src.rpm
Executing(--clean): /bin/sh -e /var/tmp/rpm-tmp.I9Pr4O
+ umask 022
+ cd /root/rpmbuild/BUILD
+ rm -rf Jcode-2.07
+ exit 0
[root@dlp SOURCES]#
cd ../SRPMS

[root@dlp SRPMS]#
rpmbuild --rebuild perl-Jcode-2.07-8.src.rpm

[root@dlp SRPMS]#
cd ../RPMS/x86_64

[root@dlp x86_64]#
rpm -Uvh perl-Jcode-2.07-8.x86_64.rpm

Preparing...                ########################################### [100%]
   1:perl-Jcode             ########################################### [100%]
[3] Perlモジュールを取得し、ダイレクトにRPMを作成する
[root@dlp ~]#
cd /root/rpmbuild/SOURCES

[root@dlp SOURCES]#
wget http://search.cpan.org/CPAN/authors/id/E/ES/ESM/Net-NIS-0.43.tar.gz

[root@dlp SOURCES]#
cpanflute2 --buildall Net-NIS-0.43.tar.gz

[root@dlp SOURCES]#
cd ../RPMS/x86_64

[root@dlp x86_64]#
rpm -Uvh perl-Net-NIS-0.43-8.x86_64.rpm

Preparing...                ########################################### [100%]
   1:perl-Net-NIS           ########################################### [100%]
 
Tweet