CentOS 5
 

Munin - インストール/設定
 
Munin をインストールしてサーバーの状態を監視できるようにします。 httpdインストール済みが前提です。
[1] Munin のインストールと設定
[root@master ~]#
yum --enablerepo=epel -y install munin munin-node
 
# EPELからインストール
[root@master ~]#
vi /etc/munin/munin.conf
# 60行目:ホスト名に変更

[
master.srv.world
]
  address 127.0.0.1
  use_node_name yes
[root@master ~]#
vi /etc/munin/munin-node.conf
# 29行目:自ホスト名に変更

host_name
master.srv.world
[root@master ~]#
vi /etc/httpd/conf.d/munin.conf
<Directory /var/www/html/munin/>
  Order Deny,Allow
  Deny from all
  Allow from 127.0.0.1 10.0.0.0/24
</Directory>
[root@master ~]#
/etc/rc.d/init.d/httpd restart

Stopping httpd:     [ OK ]
Starting httpd:     [ OK ]
[root@master ~]#
/etc/rc.d/init.d/munin-node start

Starting Munin Node:     [ OK ]
[root@master ~]#
chkconfig munin-node on
[2] 5分以上経過後に Webブラウザから 「http://(ホスト名またはIPアドレス)/munin/」にアクセスすると、 以下のような画面が表示されます。
[3] ホスト名をクリックすると以下のようにサーバーの状態をグラフで確認できます。
 
Tweet