Windows 2022
Sponsored Link

Windows Server Failover Clustering : クラスターを構成する
2022/12/27
 
Windows Server Failover Clustering (WSFC) を構成します。
当例では以下のような環境で設定します。
クラスター構成ノードに 2 台のサーバーを用意し、それらは Active Directory ドメインに参加しています。(AD 参加は必須ではない)
また、クラスター構成ノードは、クラスター用の共有ストレージとして、iSCSI ネットワークストレージをマウントしています。
                                   |
+----------------------+           |           +----------------------+
|  [      AD DS     ]  |10.0.0.100 | 10.0.0.110|  [  iSCSI Target  ]  |
|    fd3s.srv.world    +-----------+-----------+    tgt01.srv.world   |
|                      |           |           |                      |
+----------------------+           |           +----------------------+
                                   |
+----------------------+           |           +----------------------+
|  [ Cluster Node#1 ]  |10.0.0.101 | 10.0.0.102|  [ Cluster Node#2 ]  |
|    rx-7.srv.world    +-----------+-----------+    rx-8.srv.world    |
|                      |                       |                      |
+----------------------+                       +----------------------+

 
CUI で WSFC を構成する場合は PowerShell を管理者権限で起動して以下のように設定します。
[1] クラスターを構成する任意のノードで、クラスター構築のテストを実施し、システム要件が満たされているか確認します。 表示されたエラー項目があればレポートを確認して修正し、再度テストを実行します。
[WARNING] 項目は、推奨要件ではあるが、必須要件ではない場合もあるため、結果に [ClusterConditionallyApproved] と表示されれば、そのままクラスター構築可能です。
Windows PowerShell
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

# [-Node] の引数にクラスター構成ノードを指定
PS C:\Users\Serverworld> Test-Cluster -Node "RX-7", "RX-8" 
WARNING: Network - Validate Network Communication: The test reported some warnings..
WARNING:
Test Result:
HadUnselectedTests, ClusterConditionallyApproved
Testing has completed for the tests you selected. You should review the warnings in the Report.  A cluster solution is
supported by Microsoft only if you run all cluster validation tests, and all tests succeed (with or without warnings).
Test report file path: C:\Users\Serverworld\AppData\Local\Temp\Validation Report 2022.12.26 At 17.54.06.htm

Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
-a----        12/26/2022   5:56 PM         705421 Validation Report 2022.12.26 At 17.54.06.htm
[2] クラスターを構成します。
# [-Name] ⇒ 任意のクラスター名
# [-Node] ⇒ クラスター構成ノードを指定
# [-AdministrativeAccessPoint] ⇒ 管理用アクセスポイント
# [-StaticAddress] ⇒ クラスターアクセス用仮想 IP アドレス
PS C:\Users\Serverworld> New-Cluster -Name Cluster01 -Node "RX-7", "RX-8" `
-AdministrativeAccessPoint ActiveDirectoryAndDns `
-StaticAddress 10.0.0.111 

Name
----
Cluster01

# 確認
PS C:\Users\Serverworld> Get-Cluster | Format-List -Property * 

AddEvictDelay                           : 60
AdministrativeAccessPoint               : ActiveDirectoryAndDns
AutoAssignNodeSite                      : 1
AutoBalancerMode                        : 2
AutoBalancerLevel                       : 1
BackupInProgress                        : 0
BlockCacheSize                          : 1024
DetectedCloudPlatform                   : None
DetectManagedEvents                     : 1
DetectManagedEventsThreshold            : 60
ClusSvcHangTimeout                      : 135
ClusSvcRegroupStageTimeout              : 15
ClusSvcRegroupTickInMilliseconds        : 300
ClusterEnforcedAntiAffinity             : 0
ClusterFunctionalLevel                  : 11
ClusterUpgradeVersion                   : 4
ClusterGroupWaitDelay                   : 120
ClusterLogLevel                         : 3
ClusterLogSize                          : 1536
CrossSiteDelay                          : 1000
CrossSiteThreshold                      : 20
CrossSubnetDelay                        : 1000
CrossSubnetThreshold                    : 20
CsvBalancer                             : 1
DatabaseReadWriteMode                   : 0
DefaultNetworkRole                      : 3
Description                             :
Domain                                  : srv.world
DrainOnShutdown                         : 1
DumpPolicy                              : 1376850201
DynamicQuorum                           : 1
EnableSharedVolumes                     : Enabled
FixQuorum                               : 0
GroupDependencyTimeout                  : 600
HangRecoveryAction                      : 6
Id                                      : 12e92f11-d9db-42d5-a350-6f8ec56c5d25
IgnorePersistentStateOnStartup          : 0
LogResourceControls                     : 0
LowerQuorumPriorityNodeId               : 0
MaximumParallelMigrations               : 1
MessageBufferLength                     : 50
MinimumNeverPreemptPriority             : 3000
MinimumPreemptorPriority                : 1
Name                                    : Cluster01
NetftIPSecEnabled                       : 1
PlacementOptions                        : 0
PlumbAllCrossSubnetRoutes               : 0
PreferredSite                           :
PreventQuorum                           : 0
QuarantineDuration                      : 7200
QuarantineThreshold                     : 3
QuorumArbitrationTimeMax                : 20
RecentEventsResetTime                   : 12/27/2022 1:58:19 AM
RequestReplyTimeout                     : 60
ResiliencyDefaultPeriod                 : 240
ResiliencyLevel                         : AlwaysIsolate
RouteHistoryLength                      : 40
S2DBusTypes                             : 0
S2DCacheBehavior                        : Default
S2DCacheDesiredState                    : Enabled
S2DCacheMetadataReserveBytes            : 34359738368
S2DCachePageSizeKBytes                  : 16
S2DEnabled                              : 0
S2DIOLatencyThreshold                   : 10000
S2DOptimizations                        : 0
WprSessionCount                         : 2
WprSessionCoolOffTime                   : 600
SameSubnetDelay                         : 1000
SameSubnetThreshold                     : 20
SecurityLevel                           : 1
SecurityLevelForStorage                 : 0
SetSMBBandwidthLimit                    : 1
SMBBandwidthLimitFactor                 : 2500
SharedVolumeCompatibleFilters           : {}
SharedVolumeIncompatibleFilters         : {}
SharedVolumeSecurityDescriptor          : {1, 0, 4, 128...}
SharedVolumesRoot                       : C:\ClusterStorage
SharedVolumeVssWriterOperationTimeout   : 1800
ShutdownTimeoutInMinutes                : 20
UseClientAccessNetworksForSharedVolumes : 2
WitnessDatabaseWriteTimeout             : 300
WitnessDynamicWeight                    : 1
WitnessRestartInterval                  : 15
EnabledEventLogs                        : {Microsoft-Windows-Hyper-V-VmSwitch-Diagnostic,4,0xFFFFFFFD,
                                          Microsoft-Windows-SMBDirect/Debug,4, Microsoft-Windows-SMBServer/Analytic,
                                          Microsoft-Windows-Kernel-LiveDump/Analytic}
UseRdmaForStorage                       : 1
[3] ネットワーク内の任意のコンピューターから、任意のクラスターアクセス可能なプロトコルで、設定したクラスター用仮想 IP アドレス宛にアクセスして確認しておきます。
# 例として SSH でクラスター IP にアクセス
PS C:\Users\Serverworld> ssh serverworld@10.0.0.111 
serverworld@10.0.0.111's password:

Microsoft Windows [Version 10.0.20348.1311]
(c) Microsoft Corporation. All rights reserved.

fd3s01\serverworld@RX-7 C:\Users\Serverworld> powershell 
Windows PowerShell
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

Install the latest PowerShell for new features and improvements! https://aka.ms/PSWindows

PS C:\Users\Serverworld> Get-ClusterNode 

Name State Type
---- ----- ----
rx-7 Up    Node
rx-8 Up    Node

PS C:\Users\Serverworld> hostname 
rx-7

PS C:\Users\Serverworld> Get-Volume 

DriveLetter FriendlyName FileSystemType DriveType HealthStatus OperationalStatus SizeRemaining      Size
----------- ------------ -------------- --------- ------------ ----------------- -------------      ----
                         NTFS           Fixed     Healthy      OK                     85.68 MB    523 MB
                         FAT32          Fixed     Healthy      OK                     67.21 MB     96 MB
D           Local Disk   NTFS           Fixed     Healthy      OK                     53.85 GB  79.98 GB
C                        NTFS           Fixed     Healthy      OK                    103.06 GB 119.37 GB
F                        NTFS           Fixed     Healthy      OK                    451.25 MB 495.93 MB

# 強制再起動してフェイルオーバーするか確認
PS C:\Users\Serverworld> Restart-Computer -Force 

# 再度クラスター IP にアクセス
PS C:\Users\serverworld> ssh serverworld@10.0.0.111 
serverworld@10.0.0.111's password:

fd3s01\serverworld@RX-8 C:\Users\serverworld> powershell 
Windows PowerShell
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

Install the latest PowerShell for new features and improvements! https://aka.ms/PSWindows

PS C:\Users\serverworld> Get-ClusterNode 

Name State Type
---- ----- ----
rx-7 Up    Node
rx-8 Up    Node


PS C:\Users\Serverworld> hostname 
rx-8
PS C:\Users\Serverworld> Get-Volume 

DriveLetter FriendlyName FileSystemType DriveType HealthStatus OperationalStatus SizeRemaining      Size
----------- ------------ -------------- --------- ------------ ----------------- -------------      ----
                         NTFS           Fixed     Healthy      OK                     85.68 MB    523 MB
                         FAT32          Fixed     Healthy      OK                     67.21 MB     96 MB
D           Local Disk   NTFS           Fixed     Healthy      OK                     53.85 GB  79.98 GB
C                        NTFS           Fixed     Healthy      OK                    103.06 GB 119.37 GB
F                        NTFS           Fixed     Healthy      OK                    451.25 MB 495.93 MB
Windows Server Failover Clustering : クラスターを構成する (GUI)
[4] クラスター管理ツールをインストールした任意のノードにログインし、[ツール] - [フェールオーバークラスターマネージャー] を開きます。
[5] 左ペインの [フェールオーバークラスターマネージャー] を右クリックし、[クラスターの作成] を開きます。
[6] [次へ] をクリックします。
[7] [サーバー名の入力] フィールドにクラスターノードとしたいホスト名を入力し、[追加] ボタンをクリックします。 すると以下のように [選択済みサーバー] に追加されます。全て追加したら次へ進みます。
[8] [クラスター名] のフィールドには任意のクラスター名を入力し、アドレスのフィールドにはクラスターアクセス用の IPアドレスを入力します。
[9] 内容を確認して問題なければ次へ進めます。
[10] クラスターの作成が完了したら [完了] ボタンをクリックして終了します。
[11]
[フェールオーバークラスターマネージャー] 管理画面で、作成したクラスターの状態が確認できます。
以上で WSFC の構成は完了です。
共有ストレージがクラスター構成ノード中のいずれかのノードでマウントされていることを確認しておくとよいでしょう。 さらに、マウントされているサーバーを再起動 または シャットダウンして、共有ストレージが他ノードへフェールオーバーされるかも確認しておきましょう。
なお、片方のノードのみダウンした場合はアクティブなノードにフェールオーバーするのみですが、メンテナンス等で全てのノードを停止させる場合は、以下の順序で停止・起動するようにします。
(1) パッシブノードを停止
(2) アクティブノードを停止
(3) アクティブノード (最後にアクティブだったノード) を起動
(4) パッシブノードを起動
関連コンテンツ