Windows 2022
Sponsored Link

ファイルサーバー : クォータを設定する
2022/02/10
 
ファイルサーバーの ボリューム または フォルダーに対して、クォータを設定します。
[1] PowerShell を管理者権限で起動して設定します。
Windows PowerShell
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

PS C:\Users\Administrator> Get-SmbShare 

Name     ScopeName Path        Description
----     --------- ----        -----------
ADMIN$   *         C:\Windows  Remote Admin
C$       *         C:\         Default share
E$       *         E:\         Default share
IPC$     *                     Remote IPC
Share01  *         E:\Share01
ShareAll *         E:\ShareAll

# クォータ用テンプレート確認
PS C:\Users\Administrator> Get-FsrmQuotaTemplate 

Description           :
Name                  : 100 MB Limit
Size                  : 104857600
SoftLimit             : False
Threshold             : {MSFT_FSRMQuotaThreshold, MSFT_FSRMQuotaThreshold, MSFT_FSRMQuotaThreshold}
UpdateDerived         : False
UpdateDerivedMatching : False
PSComputerName        :

Description           :
Name                  : 200 MB Limit Reports to User
Size                  : 209715200
SoftLimit             : False
Threshold             : {MSFT_FSRMQuotaThreshold, MSFT_FSRMQuotaThreshold, MSFT_FSRMQuotaThreshold}
UpdateDerived         : False
UpdateDerivedMatching : False
PSComputerName        :
.....
.....

# 例として [Share01] に対して 2 GB ハードリミットのクォータテンプレートを適用
PS C:\Users\Administrator> New-FsrmQuota -Path "E:\Share01" -Description "limit usage to 2 GB based on template" -Template "2 GB Limit" 

Description     : limit usage to 2 GB based on template
Disabled        : False
MatchesTemplate : True
Path            : E:\Share01
PeakUsage       : 4096
Size            : 2147483648
SoftLimit       : False
Template        : 2 GB Limit
Threshold       : {MSFT_FSRMQuotaThreshold, MSFT_FSRMQuotaThreshold, MSFT_FSRMQuotaThreshold}
Usage           : 4096
PSComputerName  :

# 一時的にクォータを無効化する場合は以下
PS C:\Users\Administrator> Set-FsrmQuota -Path "E:\Share01" -Disabled:$true 

# 無効なクォータを有効化するには以下
PS C:\Users\Administrator> Set-FsrmQuota -Path "E:\Share01" -Disabled:$false 

# 設定したクォータエントリを削除するには以下
PS C:\Users\Administrator> Remove-FsrmQuota -Path "E:\Share01" 

Confirm
Are you sure you want to perform this action?
Operation: Delete, Object: quota, Object Identifier (Path): E:\Share01
[Y] Yes  [A] Yes to All  [N] No  [L] No to All  [S] Suspend  [?] Help (default is "Y"): Y
ファイルサーバー : クォータを設定する (GUI)
 
GUI で構成する場合は以下のように設定します。
[2] [スタート] - [サーバーマネージャー] から [ツール] - [ファイル サーバー リソース マネージャー] を起動します。
[3] 左ペインで [クォータ] を選択して、右クリックメニューから [クォータの作成] を開きます。
[4]
クォータを設定したいフォルダーのパスを [クォータのパス] に入力します。
また、クォータの適用方法と設定内容を選択します。
クォータの設定内容はテンプレートから適用するか、自身で直接設定するかになります。
当例ではテンプレートから適用します。
クォータの適用方法については下記の通りです。
[パスにクォータを作成する]
指定したパスのフォルダーにクォータを適用する。
フォルダーに対して、設定容量までの使用に制限する通常のクォータ設定はこちらを選択する。
例えば 使用制限 2 GB で設定した場合、[E:\Share01] 全体で 使用制限 2 GB となる。
[既存と新規のサブフォルダーに自動でテンプレート適用とクォータ作成を行う]
こちらは自動適用クォータの設定。
指定したパスのフォルダー直下の、既存/新規フォルダーに対して、それぞれクォータを自動で適用する設定。
よって、指定したパスのフォルダー直下に保存されるファイルは制限の対象外。
また、指定したパスのフォルダー直下のそれぞれのサブフォルダー毎にクォータが適用されるのみで、 サブフォルダー配下のサブフォルダーにまで再帰的に適用されるわけではない。
例えば 使用制限 2 GB で設定した場合、以下のような制限となる。
E:\Share01 直下のファイル群 ⇒ 容量制限 無し
E:\Share01\Folder01 ⇒ 使用制限 2 GB
E:\Share01\Folder02 ⇒ 使用制限 2 GB
E:\Share01\(新規作成されるフォルダー) ⇒ 使用制限 2 GB
[5] 設定内容を確認して [作成] ボタンをクリックします。
[6] クォータが作成されました。
[7] クライアントコンピューターから、クォータを設定した共有フォルダーにアクセスして動作確認しておくとよいでしょう。 設定した容量制限を超えてファイルを保存しようとすると、以下のようにエラーとなります。
関連コンテンツ