Windows 2022
Sponsored Link

Windows Server Backup : ファイルのリストア
2022/12/23
 
バックアップしたファイルのファイルのリストア方法です。
[1] CUI で ファイルのリストアを実行する場合は PowerShell を管理者権限で起動して実行します。
Windows PowerShell
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

# バックアップファイルの保管場所をオブジェクトにセット
# 下例は共有フォルダーに保管している場合
# ローカルドライブに保管の場合 ⇒ -VolumePath (ドライブパス)
PS C:\Users\Administrator> $BackupLocation = New-WBBackupTarget -NetworkPath "\\10.0.0.102\Share01" `
-Credential (New-Object PSCredential("Serverworld", (ConvertTo-SecureString -AsPlainText "P@ssw0rd01" -Force)))

# バックアップセット確認
PS C:\Users\Administrator> Get-WBBackupSet -BackupTarget $BackupLocation

VersionId        : 12/22/2022-05:42
BackupTime       : 12/21/2022 9:42:24 PM
BackupTarget     : \\10.0.0.102\Share01
RecoverableItems : Volumes, SystemState, Applications, Files, BareMetalRecovery
Volume           : {EFI System Partition, Local disk (C:), (Disk does not have drive letter)
                   (\\?\Volume{1fc33f07-cb61-4747-b878-7e8337269bb1}\)}
Application      : {Registry}
VssBackupOption  : VssCopyBackup
SnapshotId       : 00000000-0000-0000-0000-000000000000
BackupSetId      : 1bf82d71-92e6-420b-ac5b-255402010835

# バックアップセットをオブジェクトにセット
PS C:\Users\Administrator> $Backups = Get-WBBackupSet -BackupTarget $BackupLocation

# リストア実行
# -SourcePath (リストアしたいファイル/フォルダー)
# -Recursive ⇒ SourcePath にフォルダーを指定した場合、フォルダー配下を再帰的にリストア
# -TargetPath (リストアするファイルの保管先パス)
PS C:\Users\Administrator> Start-WBFileRecovery -BackupSet $Backups -SourcePath "C:\Users\Administrator" -Recursive -TargetPath "C:\Users\Administrator\Desktop\recovery"

Warning
Start recovery of files from C:\Users\Administrator to C:\Users\Administrator\Desktop\recovery ?
[Y] Yes  [N] No  [S] Suspend  [?] Help (default is "Y"): Y
Recovering files from C:\Users\Administrator :
Recovering files from C:\Users\Administrator : Preparing to recover files.
Completed.

PS C:\Users\Administrator> ls C:\Users\Administrator\Desktop\recovery

    Directory: C:\Users\Administrator\Desktop\recovery


Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
d-----        12/20/2022   8:10 PM                Administrator
Windows Server Backup : ファイルのリストア (GUI)
 
GUI でファイルのリストアを実行する場合は以下のように設定します。
[2] サーバーマネージャーを起動し [ツール] - [Windows Server バックアップ] を起動した後、左ペインで [ローカルバックアップ] を右クリックして [回復] を選択します。
[3] バックアップの保管先を選択します。当例では [別の場所に保存されているバックアップ] を選択して進めます。
[4] バックアップの保管場所を選択します。当例では [リモート共有フォルダー] を選択して進めます。
[5] [リモート共有フォルダー] を選択して進めた場合、共有フォルダーのパスを指定します。
[6] 取得済みバックアップの日付を選択して [次へ] をクリックします。
[7] 回復する項目の選択です。取得したバックアップに応じて選択可能です。当例では [ファイル および フォルダー] を選択して進めます。
[8] [ファイル および フォルダー] を選択して進めた場合は、回復したいファイルやフォルダーを指定します。
[9] 回復先を指定します。[元の場所] を選択した場合、文字通り元の場所にリストアされます。その場合は、同名ファイルが存在する場合のオプションを指定します。 当例では [別の場所] を指定して進めます。
[10] [回復] をクリックします。
[11] 回復完了後、[閉じる] をクリックして終了します。
[12] 回復先に指定したフォルダーを確認して問題なく回復できているか確認しておくとよいでしょう。
関連コンテンツ