Windows 2022
Sponsored Link

Windows Server Backup : スケジュールバックアップ
2022/12/23
 
バックアップスケジュールを設定して、定期バックアップが実行できるようにします。
バックアップ対象は、ファイル単位やボリューム単位等々、自由に選択可能ですが、当例ではサーバー全体のフルバックアップを取得します。
また、当例では、バックアップ取得先は、バックアップ専用に用意したローカルディスクを使用します。
[1] CUI で バックアップスケジュールを設定する場合は PowerShell を管理者権限で起動して実行します。
Windows PowerShell
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

# ディスク確認
PS C:\Users\Administrator> Get-WBDisk

DiskName       : VMware Virtual NVMe Disk
DiskNumber     : 0
DiskId         : 709e4dfd-d548-42b6-9342-bd165be3c5ba
TotalSpace     : 128849018880
FreeSpace      : 109411463680
Volumes        : {EFI System Partition, Local disk (C:)}
ContainsBackup : False
BackupVolumeId : 00000000-0000-0000-0000-000000000000
Properties     : ContainsOemPartition, ContainsCriticalVolume

DiskName       : VMware Virtual NVMe Disk
DiskNumber     : 1
DiskId         : 02661949-94dd-430f-989e-c24cf220bf6c
TotalSpace     : 85899345920
FreeSpace      : 71359353344
Volumes        : {Local Disk (D:)}
ContainsBackup : False
BackupVolumeId : 00000000-0000-0000-0000-000000000000
Properties     : ValidTarget

# ディスクオブジェクトを定義
PS C:\Users\Administrator> $Disks = Get-WBDisk

# バックアップポリシーオブジェクトを定義
PS C:\Users\Administrator> $Policy = New-WBPolicy

# 現在のシステム状態をバックアップする定義をポリシーに追加
PS C:\Users\Administrator> Add-WBSystemState -Policy $Policy

# ベアメタル回復の定義をポリシーに追加
PS C:\Users\Administrator> Add-WBBareMetalRecovery -Policy $Policy

# バックアップ対象とするファイル/フォルダー/ドライブをポリシーに追加
# 下例は C ドライブ全て
PS C:\Users\Administrator> New-WBFileSpec -FileSpec "C:" | Add-WBFileSpec -Policy $Policy

# Volume Shadow Copy Service (VSS) オプションをポリシーにセット
PS C:\Users\Administrator> Set-WBVssBackupOptions -Policy $Policy -VssCopyBackup

# バックアップ取得先を定義
# 当例ではローカルディスクを指定
# [Get-WBDisk] で確認したディスクから保管先に使用したいディスクを指定
PS C:\Users\Administrator> $BackupLocation = New-WBBackupTarget -Disk $Disks[1]

# 定義したバックアップ取得先をポリシーに追加
PS C:\Users\Administrator> Add-WBBackupTarget -Policy $Policy -Target $BackupLocation

Label                  :
WBDisk                 : VMware Virtual NVMe Disk
WBVolume               :
Path                   :
TargetType             : Disk
InheritAcl             : False
PreserveExistingBackup : False

# 定義したバックアップポリシー確認
PS C:\Users\Administrator> $Policy

Schedule              :
BackupTargets         : {VMware Virtual NVMe Disk}
VolumesToBackup       :
FilesSpecsToBackup    : {C:*}
FilesSpecsToExclude   : {}
ComponentsToBackup    :
BMR                   : True
SystemState           : True
OverwriteOldFormatVhd : False
VssBackupOptions      : VssCopyBackup

# バックアップポリシーのスケジュールを設定
# 複数回指定する場合は実行時間をカンマ区切りで指定
PS C:\Users\Administrator> Set-WBSchedule -Policy $Policy -Schedule 01:30

Wednesday, December 21, 2022 1:30:00 AM

# スケジュールバックアップを設定
PS C:\Users\Administrator> Set-WBPolicy -Policy $Policy
Warning
Do you want to format the backup storage disk VMware Virtual NVMe Disk?
[Y] Yes  [A] Yes to All  [N] No  [L] No to All  [S] Suspend  [?] Help (default is "Y"): Y

# スケジュールバックアップ確認
PS C:\Users\Administrator> Get-WBPolicy

Schedule              : {12/21/2022 1:30:00 AM}
BackupTargets         : {rx- 12/21/2022 9:01:36 PM Disk01}
VolumesToBackup       : {EFI System Partition, Local disk (C:), (Disk does not have drive letter)
                        (\\?\Volume{1fc33f07-cb61-4747-b878-7e8337269bb1}\)}
FilesSpecsToBackup    : {}
FilesSpecsToExclude   : {}
ComponentsToBackup    : {}
BMR                   : True
SystemState           : True
OverwriteOldFormatVhd : False
VssBackupOptions      : VssCopyBackup
Windows Server Backup : スケジュールバックアップ (GUI)
 
GUI でバックアップスケジュールを設定する場合は以下のように設定します。
[2] サーバーマネージャーを起動し [ツール] - [Windows Server バックアップ] を起動します。
[3] 左ペインで [ローカルバックアップ] を選択し、右クリックメニューから [バックアップスケジュール] を起動します。
[4] [次へ] をクリックします。
[5] バックアップの構成を選択します。当例では [サーバー全体] のフルバックアップを選択して進めます。
[6] バックアップの時間を設定して [次へ] をクリックします。
[7] バックアップファイルの保管先を指定します。当例では専用のハードディスクを使用します。
[8] バックアップファイルの保管先を指定に専用のハードディスクを選択した場合は、ディスクの選択になります。[すべての使用可能なディスクを表示] をクリックします。
[9] バックアップファイルの保管先ディスクを選択します。
[10] [次へ] をクリックします。
[11] フルバックアップを選択した場合、全ディスクがバックアップ対象になりますが、バックアップの保管先として指定したディスクはバックアップから除外される旨の通知です。 [OK] をクリックして進めます。
[12] バックアップの保管先として指定したディスクはバックアップ専用で使用されるため、ディスク上の既存のデータは全て削除される旨の通知です。 [はい] をクリックして進めます。
[13] [完了] をクリックします。
[14] [閉じる] をクリックして終了します。
[15] バックアップスケジュールが作成されました。
関連コンテンツ