Windows 2019
Sponsored Link

Windows Server Failover Clustering : 共有ストレージの設定
2019/07/09
 
Windows Server Failover Clustering (WSFC) の設定です。
クラスター構成ノードは二台以上のサーバーを用意する必要があり、且つ それらは Active Directory ドメインに参加している必要があります。 また、クラスター構成ノードは、クォーラム用とデータ用の最低限二つの共有ストレージをマウント可能である必要があります。 当例では以下のような環境を前提に進めます。
                                   |
+----------------------+           |           +----------------------+
|  [      AD DS     ]  |10.0.0.100 | 10.0.0.110|  [  iSCSI Target  ]  |
|    fd3s.srv.world    +-----------+-----------+    tgt01.srv.world   |
|                      |           |           |                      |
+----------------------+           |           +----------------------+
                                   |
+----------------------+           |           +----------------------+
|  [ Cluster Node#1 ]  |10.0.0.101 | 10.0.0.102|  [ Cluster Node#2 ]  |
|    rx-7.srv.world    +-----------+-----------+    rx-8.srv.world    |
|                      |                       |                      |
+----------------------+                       +----------------------+

[1]
[2]
iSCSI ターゲット ⇒ [iSCSITarget01]
クォーラム用ディスク ⇒ [C:\iSCSIDisk\Quorum01.vhdx] (512MB)
データ用ディスク作成 ⇒ [C:\iSCSIDisk\Disk01.vhdx] (30GB)
[3]
こちらを参考に、クラスター構成の全ノードで iSCSIイニシエーター を設定し、iSCSI ターゲットサーバーにログインしておきます。 iSCSI ターゲットサーバーにログイン後、任意の 一ノードで、認識された iSCSI ディスクを NTFS でフォーマットしておきます。
関連コンテンツ