Windows 2019
Sponsored Link

SQL Server 2019 : AlwaysOn 可用性グループ #1
2021/01/29
 
SQL Server の高可用性 AlwaysOn 可用性グループ (AlwaysOn Availability Groups) を設定します。
当例では以下のような環境を前提に、2台の SQL サーバーで AlwaysOn 可用性グループを構成します。
(3台以上でも構成可)
                                   |
+----------------------+           |           +----------------------+
|  [      AD DS     ]  |10.0.0.100 | 10.0.0.109|  [  iSCSI Target  ]  |
|    fd3s.srv.world    +-----------+-----------+    tgt01.srv.world   |
|                      |           |           |                      |
+----------------------+           |           +----------------------+
                                   |
+----------------------+           |           +----------------------+
|  [ SQL Server #1 ]   |10.0.0.101 | 10.0.0.102|  [ SQL Server #2 ]   |
|    rx-7.srv.world    +-----------+-----------+    rx-8.srv.world    |
|                      |                       |                      |
+----------------------+                       +----------------------+

[1]
[2]
こちらを参考に、AD DS に SQL サーバー用の管理用アカウントを任意の名称で作成しておきます
権限は通常の [domain users] のみで OK です。当例では [SQLAdmin] を作成して進めます。
[3]
AlwaysOn 可用性グループを構成するノード全台で、SQL サーバーを スタンドアロン インストールしておきます。
[4] 以降、AlwaysOn 可用性グループを構成するノード全台で、AlwaysOn 可用性グループ用に、以下のように設定を変更します。
[SQL Server 2019 構成マネージャー] を起動します。
[5] 左ペインで [SQL Server のサービス] を選択して、右ペインで [SQL Server (***)] を右クリックして、メニューから [プロパティ] を開きます。
[6] SQL Server のログオンユーザーを [2] で作成した AD ユーザーアカウントに変更します。設定後、続けて [Alwayson 可用性グループ] タブに移動します。
[7] [Alwayson 可用性グループを有効にする] にチェックを入れて OK します。変更後は SQL Server の再起動が必要です。
[8] [2] で作成した AD ユーザーアカウントが Windows 認証で SQL Server にログインできるように設定します。SQL Server Management Studio (SSMS) を起動して、[セキュリティ] - [ログイン] の設定に AD ユーザーアカウントを追加しておきます。
[9] AlwaysOn 可用性グループ用のデータベースを格納するフォルダーを、任意の場所へ、全ノード同一パスで作成し、[2] で作成した SQL Server のログオンユーザーアカウントにフルコントロールの権限を付与します。
当例では [C:\AlwaysonDB] というフォルダーを作成して進めます。
[10] AlwaysOn 可用性グループ用のデータベースのバックアップを格納するフォルダーを任意の場所へ作成し、[2] で作成した SQL Server のログオンユーザーアカウントにフルコントロールの権限を付与します。
当例では [C:\AlwaysonDB_BK] というフォルダーを作成して進めます。
[11] AlwaysOn 可用性グループ用のデータベースを、格納先に [9] で作成したフォルダーを指定して、作成します。
データベースの作成はプライマリーとするノードのみで OK です。
当例では、以下のように [AlwaysonDB] という名称のデータベースを [C:\AlwaysonDB] を格納先にして作成しています。
[12] 作成した AlwaysOn 可用性グループ用のデータベースのバックアップを取得しておきます。
SQL Server Management Studio (SSMS) を起動して対象のデータベースを右クリックし、メニューから [タスク] - [バックアップ] をクリックします。
[13] 画面右下の [削除] ボタンをクリックして、デフォルトのバックアップ先を一旦削除し、[追加] ボタンをクリックして [10] で作成したバックアップ用のフォルダーを指定します。
[14] 任意のバックアップファイル名を、フルパスで指定して OK します。
[15] 正常にバックアップの取得が完了すれば OK です。
続けて AlwaysOn 可用性グループ の設定 #2 へ進みます。
関連コンテンツ