Windows 2019
Sponsored Link

SQL Server 2019 : Failover Cluster Instance #1
2021/02/05
 
SQL Server のクラスター環境 SQL Server Failover Cluster Instance (FCI) を構築します。
当例では以下のような環境を前提に、2台の SQL サーバーでクラスター環境を構成します。
(3台以上でも構成可)
                                   |
+----------------------+           |           +----------------------+
|  [      AD DS     ]  |10.0.0.100 | 10.0.0.109|  [  iSCSI Target  ]  |
|    fd3s.srv.world    +-----------+-----------+    tgt01.srv.world   |
|                      |           |           |                      |
+----------------------+           |           +----------------------+
                                   |
+----------------------+           |           +----------------------+
|  [ SQL Server #1 ]   |10.0.0.101 | 10.0.0.102|  [ SQL Server #2 ]   |
|    rx-7.srv.world    +-----------+-----------+    rx-8.srv.world    |
|                      |                       |                      |
+----------------------+                       +----------------------+

[1]
[2]
こちらを参考に、AD DS に SQL サーバー用の管理用アカウントを任意の名称で作成しておきます
権限は通常の [domain users] のみで OK です。当例では [SQLAdmin] を作成して進めます。
[3]
以降、Failover Cluster Instance を構成するノード中、プライマリーとするノード上で、SQL Server Failover Cluster Instance をインストールします。
スタンドアロン インストールと異なる部分のみ、以下に示します。
SQL Server のインストールプログラム [setup.exe] を起動し、[SQL Server フェールオーバー クラスターの新規インストール] をクリックします。
[4] 必要な項目を選択して進めたあと、以下のセクションで、[SQL Server のネットワーク名] を設定します。任意の名称で OK ですが、WSFC のクラスター名とは別の名称である必要があります。
[5] 必要な項目を選択して進めたあと、以下のセクションで、クラスターリソースグループを選択します。当例では既定のまま進めます。
[6] 必要な項目を選択して進めたあと、以下のセクションで、SQL サーバーで使用する共有ディスクを選択します。選択できるのは、事前に WSFC で設定した共有ディスクです。
[7] 必要な項目を選択して進めたあと、以下のセクションで、クラスターネットワークを構成します。SQL Server Failover Cluster Instance に割り当てる IP アドレスを設定します。空いている任意の IP アドレスで Ok ですが、WSFC のクラスター IP アドレスとは別の IP アドレスにする必要があります。
[8] 必要な項目を選択して進めたあと、以下のセクションで、サービスアカウントを設定します。 [SQL Server データベースエンジン] [SQL Server エージェント] [SQL Server Analysis Service] に、事前に [2] で作成したドメインユーザーアカウントを指定します。
[9]
以降はスタンドアロン インストールと同様に進めてインストールを完了します。
プライマリーノード インストール後は、セカンダリーノードのインストールを実施します。
関連コンテンツ