Windows 2019
Sponsored Link

IIS : デフォルトサイトの設定
2019/08/29
 
IIS インストール直後は [Default Web Site] という既定のサイトのみが設定されています。
この [Default Web Site] を使用して Web コンテンツを公開する場合は以下のように設定します。
[1] PowerShell を管理者権限で起動して設定します。
Windows PowerShell
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

# サイトの一覧を表示 : [Default Web Site] が設定されている
PS C:\Users\Administrator> Get-Website 

Name             ID   State      Physical Path                  Bindings
----             --   -----      -------------                  --------
Default Web Site 1    Started    %SystemDrive%\inetpub\wwwroot  http *:80:

# [Physical Path] がドキュメントルートとなっている
PS C:\Users\Administrator> Get-ChildItem C:\inetpub\wwwroot 

    Directory: C:\inetpub\wwwroot

Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
-a----        8/27/2019   6:57 PM            703 iisstart.htm
-a----        8/27/2019   6:57 PM          99710 iisstart.png

# アクセス確認 : [iisstart.htm] が応答する
PS C:\Users\Administrator> Invoke-WebRequest localhost 

StatusCode        : 200
StatusDescription : OK
Content           : <!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
.....
.....
ParsedHtml        : System.__ComObject
RawContentLength  : 703

# ファイル名の指定無しで応答するファイルの設定を確認
# 上からの表示順が応答の優先順となっている
PS C:\Users\Administrator> Get-WebConfigurationProperty -Filter "//defaultDocument/files/add" -PSPath "IIS:\Sites\Default Web Site" -Name "value" | select value 

Value
-----
Default.htm
Default.asp
index.htm
index.html
iisstart.htm

# 自身でドキュメントルート配下にテストページを作成して動作確認
# [Write-Output] は UTF-16 でファイル作成するため [Out-File] でエンコードを明示的に指定
PS C:\Users\Administrator> Write-Output "IIS Default Start Page" | Out-File C:\inetpub\wwwroot\Default.htm -Encoding Default 

# アクセスして動作確認
# [curl.exe] は拡張子まで明示的に指定 ⇒ 拡張子無しの [curl] は [Invoke-WebRequest] のエイリアス
PS C:\Users\Administrator> curl.exe localhost 
IIS Default Start Page
IIS : デフォルトサイトの設定 (GUI)
 
GUI で設定する場合は以下のように実行します。
[2] [スタート] - [サーバーマネージャー] を起動し、[ツール] - [インターネット インフォメーション サービス マネージャー] をクリックします。
[3] 左ペインで項目を展開すると [Default Web Site] が設定されています。
[4] [Default Web Site] を選択した状態で、右ペインの [詳細設定] をクリックすると、物理パス (ドキュメントルート) 等が確認できます。
[5] [既定のドキュメント] を開くと、ファイル名の指定無しで応答するファイルの設定を確認できます。
[6] 上からの表示順が応答の優先順となっています。
[7] 自身でドキュメントルート配下に、メモ帳等でテストページを作成して、Web ブラウザからアクセスし、動作を確認します。 (下例は [Default.htm] を作成してアクセス確認)
関連コンテンツ