Windows 2019
Sponsored Link

Hyper-V : インストール
2019/03/31
 
Microsoft Hyper-V による仮想化です。
利用するにあたってのシステム要件は下記の通りです。
  1. x64 (64ビット) 対応、且つ、データ実行防止機能 (Intel XD (Execute Disable bit) ビット, AMD NX (No-Execute bit) ビット) 対応の CPU
  2. BIOS がデータ実行防止機能 (Intel XDビット, AMD NXビット) に対応、且つ、有効設定
CUI でインストールする場合は以下のように設定します。
[1] PowerShell を管理者権限で起動してインストールします。
Windows PowerShell
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

# 管理ツールも含めて Hyper-V をインストール
PS C:\Users\Administrator> Install-WindowsFeature Hyper-V -IncludeManagementTools 

Success Restart Needed Exit Code      Feature Result
------- -------------- ---------      --------------
True    Yes            SuccessRest... {Hyper-V, Windows PowerShell 用 Hyper-V モジュ...
WARNING: You must restart this server to finish the installation process.

# 変更を有効にするため再起動
PS C:\Users\Administrator> Restart-Computer -Force 
Hyper-V : インストール (GUI)
 
GUI でインストールする場合は以下のように設定します。
[2] [スタート] - [サーバーマネージャー] を起動し、[役割と機能の追加] をクリックします。
[3] [次へ] をクリックします。
[4] インストールの種類の選択です。ここは [役割ベースまたは機能ベースのインストール] にチェックを入れて次に進みます。
[5] 役割を追加する対象のサーバーの選択です。自身の環境に合わせて選択してください。
[6] [Hyper-V] にチェックを入れます。
[7] Hyper-V に必要な機能の追加が要求されます。[機能の追加] をクリックし、[次へ] 進めます。
[8] そのまま「次へ」をクリックします。
[9] [次へ] をクリックします。
[10] 仮想スイッチの作成画面です。ネットワークアダプターを選択してチェックを入れ、次へ進みます。
[11] ライブマイグレーションの設定です。必要に応じて設定ください。当例では既定のまま次へ進みます。
[12] 仮想マシンディスクと構成ファイルの保存場所を指定します。必要に応じて変更ください。当例では既定のまま次へ進みます。
[13] [インストール] ボタンをクリックしてインストールを開始します。
[14] インストールが完了したら [閉じる] ボタンをクリックして終了します。その後、一旦再起動して変更を反映させる必要があります。
関連コンテンツ