Windows 2019
Sponsored Link

Docker : 永続ストレージを利用する
2019/02/19
 
コンテナーが破棄されると当然コンテナー内部のデータも消失するため、コンテナーで作成したデータを永続化するには、外部ストレージを利用する必要があります。
[2] ホスト側の任意のフォルダーをコンテナーにマウントして、外部ストレージとして利用します。
コンテナーイメージはこちらで作成した IIS インストール済みイメージを使用します
# データ保管用ディレクトリ作成

PS C:\Users\Administrator>
mkdir C:\docker-storage
# テストファイル作成

PS C:\Users\Administrator>
Write-Output 'Docker Persistent Storage Test' | Out-File -Encoding default C:\docker-storage\index.html
# 作成したフォルダーをコンテナーの [C:\inetpub\wwwroot] にマウントして起動

PS C:\Users\Administrator>
docker run -t -d -p 8081:80 -v C:\docker-storage:C:\inetpub\wwwroot iis_server
89c9a468c5051aa879bee701841eeb4f453a2879303b2e2a6500f75ead235f62

PS C:\Users\Administrator>
docker ps

CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND             CREATED             STATUS              PORTS                  NAMES
89c9a468c505        iis_server          "cmd"               7 seconds ago       Up 4 seconds        0.0.0.0:8081->80/tcp   mystifying_meitner

# コンテナー上で稼働する IIS にアクセスして確認

PS C:\Users\Administrator>
curl.exe localhost:8081

Docker Persistent Storage Test
関連コンテンツ
 
Tweet