Windows 2019
Sponsored Link

DNSサーバー : スタブゾーンの構成
2019/03/21
 
SOAレコード, NSレコード, グルーレコードのみを保持するスタブゾーンの設定です。
当例では以下のような構成でスタブゾーンを構成します。
                                   |
+----------------------+           |           +----------------------+
|  [   DNS Server   ]  |10.0.0.101 | 10.0.0.110|  [   DNS Server  ]   |
|     rx-7.srv.world   +-----------+-----------+    rx-8.srv.world    |
|                      |                       |      (Stub Zone)     |
+----------------------+                       +----------------------+

 
CUI で設定する場合は、PowerShell を管理者権限で起動して、以下のように登録します。
[1] 既定では、DNS マスターサーバーの各ゾーンに設定されているネームサーバーが、ゾーン転送が許可されるサーバーとなります。
よって、DNS マスターサーバー側で、スタブゾーンを作成したいゾーンのネームサーバー設定に、スタブゾーンを作成する DNS サーバーを登録しておきます。
Windows PowerShell
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

# [srv.world] ゾーンにネームサーバー [rx-8.srv.world] を追加
PS C:\Users\Administrator> Add-DnsServerResourceRecord -Name "@" -NS -ZoneName "srv.world" -NameServer "rx-8.srv.world" -PassThru 

HostName                  RecordType Type       Timestamp            TimeToLive      RecordData
--------                  ---------- ----       ---------            ----------      ----------
@                         NS         2          0                    01:00:00        rx-8.srv.world.

PS C:\Users\Administrator> Get-DnsServerResourceRecord -ZoneName "srv.world" | Format-Table -AutoSize -Wrap 

# NS レコードが登録された
HostName RecordType Type Timestamp TimeToLive RecordData
-------- ---------- ---- --------- ---------- ----------
@        NS         2    0         01:00:00   rx-7.srv.world.
@        NS         2    0         01:00:00   rx-8.srv.world.
@        SOA        6    0         01:00:00   [7][rx-7.srv.world.][hostmaster.srv.world.]
rx-7     A          1    0         01:00:00   10.0.0.101
rx-8     A          1    0         01:00:00   10.0.0.110
[2] スタブゾーンを作成する DNS サーバー側で設定をします。
事前に DNS サーバーインストール済みが前提です。
Windows PowerShell
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

# [srv.world] ゾーンのスタブゾーンを追加
PS C:\Users\Administrator> Add-DnsServerStubZone -Name "srv.world" -MasterServers "10.0.0.101" -ZoneFile "srv.world.dns" -PassThru 

ZoneName                            ZoneType        IsAutoCreated   IsDsIntegrated  IsReverseLookupZone  IsSigned
--------                            --------        -------------   --------------  -------------------  --------
srv.world                           Stub            False           False           False

PS C:\Users\Administrator> Get-DnsServerZone 

# スタブゾーンが登録された
ZoneName                            ZoneType        IsAutoCreated   IsDsIntegrated  IsReverseLookupZone  IsSigned
--------                            --------        -------------   --------------  -------------------  --------
0.in-addr.arpa                      Primary         True            False           True                 False
127.in-addr.arpa                    Primary         True            False           True                 False
255.in-addr.arpa                    Primary         True            False           True                 False
srv.world                           Stub            False           False           False
TrustAnchors                        Primary         False           False           False                False
DNSサーバー : スタブゾーンの構成 (GUI)
 
GUI で設定する場合は以下のように登録します。
[3] まずは、DNS マスターサーバー側での設定です。
[スタート] - [サーバーマネージャー] - [ツール] - [DNS] を起動し、スタブゾーンを作成したいゾーンを右クリックして、[プロパティ] を開きます。
[4] [ゾーンの転送] タブに移動すると、既定では以下のように、ゾーン転送を許可されているのはネームサーバータブの一覧に登録されたサーバーとなっています。 よって、[ネームサーバー] タブへ移動します。
[5] [追加] ボタンをクリックします。
[6] スタブゾーンを作成したいサーバーの IP アドレスとホスト名を FQDN で入力して [OK] します。
[7] ネームサーバーが登録されました。マスターサーバー側の設定は以上です。次にスタブゾーン構成サーバーへ移動します。
[8] スタブゾーン構成サーバー側での設定です。事前に DNS サーバーインストール済みが前提です。
[スタート] - [サーバーマネージャー] - [ツール] - [DNS] を起動し、スタブゾーンを作成したい参照ゾーンを右クリックして、[新しいゾーン] を開きます。
[9] [次へ] ボタンをクリックします。
[10] [スタブゾーン] にチェックを入れて [次へ] をクリックします。
[11] レプリカを作成したいゾーン名を入力して [次へ] をクリックします。
[12] ゾーンファイル名を指定して [次へ] をクリックします。
[13] マスターサーバーの IP アドレスを入力して [次へ] をクリックします。
[14] [完了] ボタンをクリックします。
[15] ゾーン情報が転送され、スタブゾーンとして構成されました。
関連コンテンツ