Windows 2019
Sponsored Link

Windows Server Backup : 単発バックアップ
2020/09/21
 
単発バックアップを実行して、バックアップを取得します。
バックアップ対象は、ファイル単位やボリューム単位等々、自由に選択可能ですが、当例ではサーバー全体のフルバックアップを取得します。 また、当例では、バックアップ取得先は、ネットワーク上の共有フォルダーを使用します。
[1] CUI で 単発バックアップを実行する場合は PowerShell を管理者権限で起動して実行します。
Windows PowerShell
Copyright (C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

# バックアップポリシーオブジェクトを定義
PS C:\Users\Administrator> $Policy = New-WBPolicy

# 現在のシステム状態をバックアップする定義をポリシーに追加
PS C:\Users\Administrator> Add-WBSystemState -Policy $Policy

# ベアメタル回復の定義をポリシーに追加
PS C:\Users\Administrator> Add-WBBareMetalRecovery -Policy $Policy

# バックアップ対象とするファイル/フォルダー/ドライブをポリシーに追加
# 下例は C ドライブ全て
PS C:\Users\Administrator> New-WBFileSpec -FileSpec "C:" | Add-WBFileSpec -Policy $Policy

# 複数ドライブ搭載の場合は同様にポリシーに追加
PS C:\Users\Administrator> New-WBFileSpec -FileSpec "D:" | Add-WBFileSpec -Policy $Policy

# Volume Shadow Copy Service (VSS) オプションをポリシーにセット
PS C:\Users\Administrator> Set-WBVssBackupOptions -Policy $Policy -VssCopyBackup

# バックアップ取得先のパスを定義
# 当例ではネットワーク上の共有フォルダーを指定
# -NetworkPath "取得先の共有のパス"
# -Credential "共有にアクセスする際の PSCredential"
# 共有にアクセス可能 且つ 書き込み権限があるユーザーを指定
# 下例は ユーザー/パスワード [Serverworld/P@ssw0rd01] で共有フォルダーに認証
PS C:\Users\Administrator> $BackupLocation = New-WBBackupTarget -NetworkPath "\\10.0.0.102\Share01" `
-Credential (New-Object PSCredential("Serverworld", (ConvertTo-SecureString -AsPlainText "P@ssw0rd01" -Force)))

# 定義したバックアップ取得先をポリシーに追加
PS C:\Users\Administrator> Add-WBBackupTarget -Policy $Policy -Target $BackupLocation
WARNING: The backed up data cannot be securely protected at this destination. Backups stored on a remote shared folder
might be accessible by other people on the network. You should only save your backups to a location where you trust the
 other users who have access to the location or on a network that has additional security precautions in place.
WARNING: Backup or recovery of individual files or application data from DVDs or other removable media is not
supported. You can only backup or recover full volumes from this media.
type.
Path                   : \\10.0.0.102\Share01
TargetType             : Network
InheritAcl             : True
PreserveExistingBackup : False

# 定義したバックアップポリシー確認
PS C:\Users\Administrator> $Policy

Schedule              :
BackupTargets         : {\\10.0.0.102\Share01}
VolumesToBackup       :
FilesSpecsToBackup    : {C:*, D:*}
FilesSpecsToExclude   : {}
ComponentsToBackup    :
BMR                   : True
SystemState           : True
OverwriteOldFormatVhd : False
VssBackupOptions      : VssCopyBackup

# バックアップ実行
PS C:\Users\Administrator> Start-WBBackup -Policy $Policy
Initializing the list of items to be backed up...
Updating the backup for deleted items...
Volume 1 (0%) of 3 volume(s).
Volume 1 (100%) of 3 volume(s).
Compacting the virtual hard disk for volume \\?\Volume{00000000-0000-0000-0000-000000000000}, 0% completed.
Initializing the list of items to be backed up...
Updating the backup for deleted items...
Volume 1 (0%) of 4 volume(s).
Volume 1 (100%) of 4 volume(s).
.....
.....
Volume 3 (99%) of 4 volume(s).
Volume 4 (100%) of 4 volume(s).
The backup operation completed.

# バックアップの履歴を確認
PS C:\Users\Administrator> Get-WBSummary

NextBackupTime                  : 1/1/0001 12:00:00 AM
NumberOfVersions                : 2
LastSuccessfulBackupTime        : 9/18/2020 9:16:58 PM
LastSuccessfulBackupTargetPath  : \\10.0.0.102\Share01
LastSuccessfulBackupTargetLabel :
LastBackupTime                  : 9/18/2020 9:16:58 PM
LastBackupTarget                : \\10.0.0.102\Share01
DetailedMessage                 :
LastBackupResultHR              : 0
LastBackupResultDetailedHR      : 0
CurrentOperationStatus          : NoOperationInProgress
Windows Server Backup : 単発バックアップ (GUI)
 
GUI で単発バックアップを実行する場合は以下のように設定します。
[2] サーバーマネージャーを起動し [ツール] - [Windows Server バックアップ] を起動します。
[3] 左ペインで [ローカルバックアップ] を選択し、右クリックメニューから [単発バックアップ] を起動します。
[4] [別のオプション] にチェックを入れて [次へ] をクリックします。
[5] バックアップの構成を選択します。当例では [サーバー全体] のフルバックアップを選択して進めます。
[6] バックアップファイルの保管先を選択します。当例では [リモート共有フォルダー] を選択して進めます。
[7] バックアップファイルの保管先のパスを指定します。当例のように [リモート共有フォルダー] を選択した場合は、共有のパスを指定します。 共有フォルダーに認証が必要な場合は、資格情報の入力が要求されます。
[8] 内容を確認して [バックアップ] をクリックします。この後、バックアップタスクが開始します。
[9] バックアップが完了したら [閉じる] ボタンをクリックして終了します。
[9] [Windows Server バックアップ] の活動履歴からバックアップタスクの内容が確認可能です。以上で単発バックアップ完了です。
関連コンテンツ