Windows 2016
Sponsored Link

Windows Server Failover Clustering (WSFC) を構成する
2017/12/27
 
Windows Server Failover Clustering (WSFC) を構成します。
クラスター構成ノードは二台以上のサーバーを用意する必要があり、且つ それらは AD DS ドメインに参加している必要があります。 また、クラスター構成ノードは、クォーラム用とデータ用の最低限二つの共有ストレージをマウント可能である必要があります。 当例では以下のような環境を前提に進めます。
                                   |
+----------------------+           |           +----------------------+
|  [      AD DS     ]  |10.0.0.100 | 10.0.0.110|  [  iSCSI Target  ]  |
|     fd3s.srv.world   +-----------+-----------+   target.srv.world   |
|                      |           |           |                      |
+----------------------+           |           +----------------------+
                                   |
+----------------------+           |           +----------------------+
|  [ Cluster Node#1 ]  |10.0.0.101 | 10.0.0.102|  [ Cluster Node#2 ]  |
|    rx-8.srv.world    +-----------+-----------+    rx-9.srv.world    |
|                      |                       |                      |
+----------------------+                       +----------------------+

[1] クラスターを構成する全ノードを iSCSI イニシエーターとして設定し、共有ストレージがマウント (または可能な状態に) しておきます。 なお、iSCSIイニシエーターの接続設定の際は、以下のように [複数パスを有効にする] にチェックを入れておきます。
[2] クラスターを構成する全ノードでマルチパス I/O の設定をしておきます。[ツール] - [MPIO] を開きます。
[3] [マルチパスの検出] タブに移動し、[iSCSIデバイスのサポートを追加する] にチェックを入れ [追加] ボタンをクリックします。
[4] 再起動を促されるため、一旦再起動します。
[5] 再起動後、iSCSIストレージが追加されていることを確認しておきます。
[6] WSFC を構成します。 ここからは、クラスターを構成するノードのいずれかの一台で設定すれば OK です。(クラスター管理ツールをインストールしたノードであればどこでも OK)
[ツール] - [フェールオーバークラスターマネージャー] を開きます。
[7] 左ペインの [フェールオーバークラスターマネージャー] を右クリックし、[クラスターの作成] を開きます。
[8] [次へ] をクリックします。
[9] [サーバー名の入力] フィールドにクラスターノードとしたいサーバー名 または IPアドレスを入力し、[追加] ボタンをクリックします。すると以下のように [選択済みサーバー] に追加されます。全て追加したら次へ進みます。
[10] 初回構成時は構成検証テストを実施しておいた方がよいでしょう。そのまま [次へ] をクリックして進みます。
[11] 次へ進みます。
[12] 次へ進みます。
[13] 次へ進みます。
[14] テストが完了するとレポートが表示されます。内容を確認して問題なければ [完了] をクリックし、次へ進めます。
[15] [クラスター名] のフィールドには任意のクラスター名を入力し、アドレスのフィールドにはクラスターアクセス用IPアドレスを入力します。
[16] 内容を確認して問題なければ次へ進めます。
[17] クラスターの作成が完了したら [完了] ボタンをクリックして終了します。
[18]
[フェールオーバークラスターマネージャー]管理画面で、作成したクラスターの状態が確認できます。
以上で WSFC の構成は完了です。
共有ストレージがクラスター構成ノード中のいずれかのノードでマウントされていることを確認しておきましょう。 さらに、マウントされているサーバーを再起動 または シャットダウンして、共有ストレージが他ノードへフェールオーバーされるかも確認しておきましょう。
なお、片方のノードのみダウンした場合はアクティブなノードにフェールオーバーするのみですが、メンテナンス等で全てのノードを停止させる場合は、以下の順序で停止・起動するようにします。
(1) パッシブノードを停止
(2) アクティブノードを停止
(3) アクティブノード(最後にアクティブだったノード)を起動
(4) パッシブノードを起動
関連コンテンツ
 
Tweet