Windows 2016
Sponsored Link

SysPrep を利用する
2017/01/21
 
多くのマシンへ Windows をインストールする場合、マスターとなるディスクイメージを作成して展開していけば作業負荷が随分軽減されますが、 単純にマスターイメージを展開するだけでは、全てのマシンでSIDが重複して競合する等の問題が発生します。
Sysprep を利用することで SIDなどの固有情報が削除され、新しい Windows の構成ができるようになります。
[1] 左下の Windows アイコンを右クリックして「ファイル名を指定して実行」を開き、以下のように「sysprep」と入力します。
[2] 「sysprep.exe」をダブルクリックして起動します。
[3] 以下のように設定します。各項目の意味は下記の通りです。
システムの Out-of-Box Experience に入る ⇒ 初期セットアップに入る
一般化する ⇒ SIDなどの固有情報を削除する
シャットダウン ⇒ Sysprep 実行後はシステムをシャットダウンする。
[4] Sysprep を実行したイメージでシステムを起動すると、以下のように初期セットアップが開始されます。
関連コンテンツ
 
Tweet