Windows 2016
Sponsored Link

SQL Server 2017 : Failover Cluster Instance#2
2018/01/21
 
SQL Server のクラスター環境 SQL Server Failover Cluster Instance (FCI) の構築です。
アクティブノードの構成に続いて、パッシブノード側を構成します。
当例では以下のような環境で構成します。
                                   |
+----------------------+           |           +----------------------+
|  [      AD DS     ]  |10.0.0.100 | 10.0.0.110|  [  iSCSI Target  ]  |
|     fd3s.srv.world   +-----------+-----------+   target.srv.world   |
|                      |           |           |                      |
+----------------------+           |           +----------------------+
                                   |
+----------------------+           |           +----------------------+
|  [SQL Server Node#1] |10.0.0.101 | 10.0.0.102|  [SQL Server Node#2] |
|    rx-8.srv.world    +-----------+-----------+    rx-9.srv.world    |
|                      |                       |                      |
+----------------------+                       +----------------------+

[1] WSFC 構成ノードの、パッシブノードに移動して作業します。
SQL Server のインストールメディアを読み込み、Setup.exe をクリックして SQL Server インストーラーを起動し、左ペインで [インストール] を選択後、右ペインで [SQL Server フェールオーバー クラスターにノードを追加] をクリックします。
[2] インストールする SQL Server のエディションを選択します。
[3] ライセンス条項をよく読み、[ライセンス条項に同意します] にチェックを入れて次へ進みます。
[4] 更新プログラムを確認するかどうかの確認です。確認する場合はチェックを入れて次へすすみます。
[5] インストール時に発生する可能性がある問題のチェックが実行されます。 Windows ファイアウォールについては、起動している場合は以下のように警告になりますが、必要なポートは後から開放できるため、そのまま進めて OK です。
[6] クラスターノードの構成です。既存クラスターが自動的に検出されるため、内容の確認をして次へ進めます。
[7] クラスターネットワークの構成です。既存の構成が自動的に検出されるため、内容の確認をして次へ進めます。
[8] サービスアカウントの設定画面です。アクティブノードセットアップ時に指定した SQL Server 管理者ユーザーのパスワードを入力して次へ進めます。
[9] インストールの準備完了画面です。最終チェックして、OK であれば [インストール] ボタンをクリックして進めます。
[10] インストール完了後 [閉じる] ボタンをクリックして終了します。以上でパッシブノード側の SQL Server インストールは完了です。 クライアントコンピューターからの接続はこちらを参照ください
関連コンテンツ
 
Tweet