Windows 2016
Sponsored Link

SQL Server 2017 : Failover Cluster Instance#1
2018/01/21
 
SQL Server のクラスター環境 SQL Server Failover Cluster Instance (FCI) を構築します。
Failover Cluster Instance (FCI) は Windows Server Failover Clustering (WSFC) と組み合わせての構成となります。
当例では以下のような環境で構成します。
                                   |
+----------------------+           |           +----------------------+
|  [      AD DS     ]  |10.0.0.100 | 10.0.0.110|  [  iSCSI Target  ]  |
|     fd3s.srv.world   +-----------+-----------+   target.srv.world   |
|                      |           |           |                      |
+----------------------+           |           +----------------------+
                                   |
+----------------------+           |           +----------------------+
|  [SQL Server Node#1] |10.0.0.101 | 10.0.0.102|  [SQL Server Node#2] |
|    rx-8.srv.world    +-----------+-----------+    rx-9.srv.world    |
|                      |                       |                      |
+----------------------+                       +----------------------+

[1]
[2] AD DS に SQL Server 管理者用のドメインアカウントを作成しておきます。当例では、以下のように [SQLAdmin] ユーザーを作成して進めます。 (Domain Admins 権限は不要)
[3] WSFC 構成ノードで、ネットワークストレージがマウントされているアクティブノードに移動して作業します。
SQL Server のインストールメディアを読み込み、Setup.exe をクリックして SQL Server インストーラーを起動し、左ペインで [インストール] を選択後、右ペインで [SQL Server フェールオーバー クラスターの新規インストール] をクリックします。
[4] インストールする SQL Server のエディションを選択します。
[5] ライセンス条項をよく読み、[ライセンス条項に同意します] にチェックを入れて次へ進みます。
[6] 更新プログラムを確認するかどうかの確認です。確認する場合はチェックを入れて次へすすみます。
[7] インストール時に発生する可能性がある問題のチェックが実行されます。 Windows ファイアウォールについては、起動している場合は以下のように警告になりますが、必要なポートは後から開放できるため、そのまま進めて OK です。
[8] インストールする機能の選択画面です。すべて選択する場合は [すべて選択] ボタンをクリックします。 [すべて選択] 時の場合の注意点として、[外部データ用 PolyBase クエリサービス] のみは、Oracle Java 7 以上がインストール済みであることがインストールの前提条件となっています。
[9] SQL Server のネットワーク名 (任意の名称) とインスタンスID を設定します。当例では既定のインスタンスで進めます。
[10] クラスターリソースグループを選択します。当例ではデフォルトで次へ進めます。
[11] クラスター内で利用可能な共有ディスクが表示されます。選択して次へ進めます。
[12] クラスターネットワークの構成です。SQL Server Failover Cluster Instance に割り当てるIPアドレスを入力します。
[13] サービスアカウントの設定画面です。クラスター構成の場合、[SQL Server データベースエンジン] [SQL Server エージェント] [SQL Server Analysis Service ] にはドメインユーザーを指定します。当例では [2] で事前作成した [SQLAdmin] で進めます。
[14] サーバーの構成設定画面です。認証モードを選択します。当例では既定の Windows 認証で進めます。 さらに、下段の [現在のユーザーの追加] または [追加] ボタンをクリックして SQL Server の管理者を指定します。
[15] Analysys Services の設定です。必要に応じて選択します。 さらに下段の [現在のユーザーの追加] または [追加] ボタンをクリックして Analysys Services の管理者を指定します。 全て OK であれば次へ進めます。
[16] インストールの準備完了画面です。最終チェックして、OK であれば [インストール] ボタンをクリックして進めます。
[17] インストール完了後 [閉じる] ボタンをクリックして終了します。以上でアクティブノード側の SQL Server インストールは完了です。 引き続き、こちらを参考に、クラスター内のパッシブノード側にも SQL Server をセットアップします。
関連コンテンツ
 
Tweet