Windows 2016
Sponsored Link

SQL Server 2017 : ファイアウォールの構成
2018/01/17
 
他のコンピューターから SQL Server に接続する場合は、ファイアウォールで必要なポートを開放する必要があります。
サービス プロトコル ポート 説明
既定のインスタンス TCP 1433 既定のインスタンスのデフォルトポート
既定のインスタンス (専用管理者接続) TCP 1434 既定のインスタンスの専用管理者接続用のポート
SQL Server Browser サービス UDP 1434 名前付きインスタンスが使用されている場合に SQL Server Browser サービスにより使用されるポート
HTTP 接続 TCP 80 URL を使用した HTTP 接続に使用されるポート
(データベース エンジン, Analysis Services, Reporting Services)
HTTPS 接続 TCP 443 URL を使用した HTTPS 接続に使用されるポート
(データベース エンジン, Analysis Services, Reporting Services)
Service Broker TCP 4022 キュー処理やメッセージ処理を行う際に使用される一般的なポート(既定のポートではない)
データベース ミラーリング TCP 7022 既定のインスタンスでデータベース ミラーリングを行うための一般的なポート(既定のポートではない)
Transact-SQL デバッガー TCP 135 Transact-SQL デバッグ用
Analysis Services TCP 2383 既定のインスタンスに使用される標準ポート
SQL Server Browser サービス TCP 2382 Analysis Services の名前付きインスタンスにのみ必要なポート
Integration Services TCP 135 Integration Services サービスでは、ポート 135 で DCOM を使用

関連コンテンツ
 
Tweet