Windows 2016
Sponsored Link

SQL Server 2017 : AlwaysOn 可用性グループを構成する #2
2018/01/21
 
SQL Server の高可用性機能 AlwaysOn 可用性グループ (AlwaysOn Availability Groups) を構成します。
当例では以下のような環境で、Windows Server Failover Clustering (WSFC) と AlwaysOn 可用性グループを組み合わせた構成で構築します。 (WSFC 無しでも構成可能です)
                                   |
+----------------------+           |           +----------------------+
|  [      AD DS     ]  |10.0.0.100 | 10.0.0.110|  [  iSCSI Target  ]  |
|     fd3s.srv.world   +-----------+-----------+   target.srv.world   |
|                      |           |           |                      |
+----------------------+           |           +----------------------+
                                   |
+----------------------+           |           +----------------------+
|  [SQL Server Node#1] |10.0.0.101 | 10.0.0.102|  [SQL Server Node#2] |
|    rx-8.srv.world    +-----------+-----------+    rx-9.srv.world    |
|                      |                       |                      |
+----------------------+                       +----------------------+

[1] AlwaysOn 可用性グループ を構成するノード全てで同様の変更を実施します。
[スタート] - [SQL Server 構成マネージャー] を起動します。
[2] 左ペインで [SQL Server のサービス] を選択し、右ペインで [SQL Server (インスタンス名)] を右クリックし、[プロパティ] を開きます。
[3] [AlwaysOn 高可用性] のタブに移動し、[AlwaysOn 可用性グループを有効にする] にチェックを入れます。
[4] AlwaysOn 可用性グループ有効後は、サービスを再起動します。
続けて AlwaysOn 可用性グループの設定 #3 へ進みます。
関連コンテンツ
 
Tweet