Windows 2016
Sponsored Link

SQL Server 2017 : AlwaysOn 可用性グループを構成する #1
2018/01/21
 
SQL Server の高可用性機能 AlwaysOn 可用性グループ (AlwaysOn Availability Groups) を構成します。
当例では以下のような環境で、Windows Server Failover Clustering (WSFC) と AlwaysOn 可用性グループを組み合わせた構成で構築します。 (WSFC 無しでも構成可能です)
                                   |
+----------------------+           |           +----------------------+
|  [      AD DS     ]  |10.0.0.100 | 10.0.0.110|  [  iSCSI Target  ]  |
|     fd3s.srv.world   +-----------+-----------+   target.srv.world   |
|                      |           |           |                      |
+----------------------+           |           +----------------------+
                                   |
+----------------------+           |           +----------------------+
|  [SQL Server Node#1] |10.0.0.101 | 10.0.0.102|  [SQL Server Node#2] |
|    rx-8.srv.world    +-----------+-----------+    rx-9.srv.world    |
|                      |                       |                      |
+----------------------+                       +----------------------+

[1]
[2] AD DS に SQL Server 管理者用のドメインアカウントを作成しておきます。当例では、以下のように [SQLAdmin] ユーザーを作成して進めます。 (Domain Admins 権限は不要)
[3] AlwaysOn 可用性グループ を構成するノード全てで SQL Server をスタンドアロンインストールします。 インストール手順はリンク先の通りですが、一点、エージェント, データベースエンジン, Analysis Service のサービスアカウントは [2] で作成したドメインアカウントを指定します。
[4] AlwaysOn 可用性グループ を構成するノード全てで、データベースを格納するフォルダを、全ノード同一パスで作成します。
当例では [C:\AG_Database] というフォルダを作成して進めます。
さらに、作成したフォルダに対して SQL Server のサービスアカウント (当例では [SQLAdmin] ) へフルコントロールの権限を付与します。
[5] プライマリノードとしたいノード上で、データベースのバックアップを格納するフォルダを任意の場所へ作成し、共有アクセス許可を設定して 且つ SQL Server のサービスアカウントへ [読み取り/書き込み] 権限を与えておきます。
[6] 任意のコンピューターで SSMS を起動してプライマリーノードへ接続し、AlwaysOn 可用性グループの対象とするデータベースを [5] で作成したフォルダーへ新規作成します。
[7] [6] で作成した AlwaysOn 可用性グループの対象とするデータベースの [復旧モデル] は [完全] としておきます。
[8] AlwaysOn 可用性グループの対象とするデータベースの完全バックアップを取得しておきます。 対象データベースを右クリックし、[タスク] - [バックアップ] を開きます。
[9] 概ね規定値で OK ですが、下段のバックアップ先のみ要変更です。[削除] ボタンをクリックして既定のバックアップ先は削除し、[追加] ボタンをクリックしてバックアップ先を追加します。
[10] バックアップ先として [5] で作成した共有フォルダを指定します。ファイル名は任意のもので OK です。
[11] バックアップが完了したら、[OK] をクリックして終了します。
続けて AlwaysOn 可用性グループの設定 #2 へ進みます。
関連コンテンツ