Windows 2016
Sponsored Link

Windows Update
2017/01/21
 
Windows Update の設定を変更します。
クライアント Windows OS と同様に、常に自動更新で OK の場合は設定変更不要ですが、業務系サーバーOS の場合は無条件に全て更新適用とできない場合が多々あるため、その場合は設定変更しておいた方が良いでしょう。
[1] スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選択します。
[2] 「gpedit.msc」と入力して「OK」します。
[3] 左ペインで「管理用テンプレート」-「Windows コンポーネント」-「Windows Update」を選択し、右ペインで「自動更新を構成する」をダブルクリックして開きます。
[4] 「自動更新を構成する」で「有効」にチェックを入れ、「自動更新を構成」で「2 - ダウンロードとインストールを通知」を選択し、「OK」します。 以上で、無条件の自動更新適用は回避できます。
関連コンテンツ
 
Tweet