Windows 2012R2
Sponsored Link

SQL Server 2012 - AlwaysOn 可用性グループを構成する #2
2014/04/13
 
SQL Server の高可用性機能 AlwaysOn 可用性グループ (AlwaysOn AG (Availability Groups)) の構成です。
ここでは例として、以下のような環境を用意して設定しています。

                         +-----------+
                         |           |
                         |   AD DS   |
                         |           |
                         +-----------+
                               |10.0.0.200
                               |
     +-------------------------+-----------------------------+
     |                         |                             |
     |                         |                             |
     |10.0.0.201               |10.0.0.202         10.0.0.203|
+----------+             +-----------+                 +----------+
|   WSFC   |             |    WSFC   |                 |   WSFC   |
|  Node01  |             |   Node02  |                 |  Node03  |
|          |             |           |                 |          |
+----------+             +-----------+                 +----------+
     |192.168.1.201            |192.168.1.202   192.168.1.203|
     |                         |                             |
     +-------------------------+-----------------------------+

以下の設定の前に、AlwaysOn 可用性グループの設定 #1 を済ませていることが前提です。
[1] SQL Server をインストールした全ノードで変更を行います。「スタート」-「SQL Server 構成マネージャー」を開きます。
[2] 左ペインで「SQL Server のサービス」を選択し、右ペインで「SQL Server」を右クリックし、「プロパティ」を開きます。
[3] 「AlwaysOn 高可用性」のタブに移り、「AlwaysOn 可用性グループを有効にする」にチェックを入れます。
[4] AlwaysOn 可用性グループ有効後は、サービスを再起動しておいてください。 引き続き、AlwaysOn 可用性グループの設定 #3 へ進んでください。
関連コンテンツ
 
Tweet