Windows 2012R2
Sponsored Link

SQL Server 2012 - AlwaysOn 可用性グループを構成する #1
2014/04/13
 
SQL Server の高可用性機能 AlwaysOn 可用性グループ (AlwaysOn AG (Availability Groups)) を構成します。
AlwaysOn 可用性グループの概要については下記リンク先を参照ください。
⇒ http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ff877884.aspx
ここでは例として、以下のような環境を用意して設定します。
WSFC を構成した3台のサーバーに、それぞれ SQL Server をスタンドアロンインストールし、3台の SQL Server で AlwaysOn 可用性グループを構成します。

                         +-----------+
                         |           |
                         |   AD DS   |
                         |           |
                         +-----------+
                               |10.0.0.200
                               |
     +-------------------------+-----------------------------+
     |                         |                             |
     |                         |                             |
     |10.0.0.201               |10.0.0.202         10.0.0.203|
+----------+             +-----------+                 +----------+
|   WSFC   |             |    WSFC   |                 |   WSFC   |
|  Node01  |             |   Node02  |                 |  Node03  |
|          |             |           |                 |          |
+----------+             +-----------+                 +----------+
     |192.168.1.201            |192.168.1.202   192.168.1.203|
     |                         |                             |
     +-------------------------+-----------------------------+

[1]
まずは、こちらを参考に AD DS サーバーを用意し、AlwaysOn 可用性グループを構成する全サーバーをドメインに参加させます。
[2] AlwaysOn 可用性グループを構成する全サーバーに SQL Server をスタンドアロンインストールしておきます。 インストール手順は概ねリンク先の通りですが、1点、以下のサービスアカウントの設定部分のみ、変更してください。 データベースエンジン、および、エージェントのサービスアカウントは全サーバー共通で、ドメインアカウントを指定します。
[3]
SQL Server をインストールした全サーバーにWSFC 機能をインストールしWSFC ノードとして構成しておきます。
[4] SQL Server をインストールした全サーバーで、データベースを格納するフォルダを、全サーバー同じパスで任意の場所に作成しておきます。 ここでは例として「C:\AG_Data」というフォルダを作成して進めていきます。 さらに、作成したフォルダに対して、SQL Server のサービスアカウント(ここの例では「SQLAdmin」)へフルコントロールの権限を与えておきます。
[5] プライマリノードとするサーバー上で、データベースのバックアップを格納するフォルダを任意の場所へ作成し、 共有アクセス許可、および、SQL Server のサービスアカウントへ変更権限を与えておきます。
[6] AlwaysOn 可用性グループの対象とするデータベースを、[4]で作成したフォルダへ新規作成しておきます。
[7] [6]で作成した AlwaysOn 可用性グループの対象とするデータベースの復旧モデルは「完全」としておきます。
[8] プライマリノードで、対象とするデータベースの完全バックアップを取得しておきます。対象データベースを右クリックし、「タスク」-「バックアップ」を開きます。
[9] 概ね規定値のままでOKですが、下段のバックアップ先のみ要変更です。「削除」ボタンをクリックして現在のバックアップ先は削除し、 「追加」ボタンをクリックしてバックアップ先を追加します。
[10] バックアップ先として[5]で作成した共有フォルダを指定します。ファイル名は任意のものでOKです。
[11] バックアップが完了したら、「OK」をクリックして閉じてください。 引き続き、AlwaysOn 可用性グループの設定 #2 へ進んでください。
関連コンテンツ