Windows 2012R2
Sponsored Link

SQL Server 2012 - データベースの監査を設定する
2014/04/05
 
コンプライアンス対策として重要である監査の設定をします。
例として、データベース監査の設定をしてみます。事前に監査オブジェクトを作成しておいてください。
[1] SQL Server Management Studio を起動し、「(監査したいデータベース)」-「セキュリティ」-「データベース監査の仕様」を右クリックして「新しいデータベース監査の仕様」を開きます。
[2] 各項目を設定して「OK」をクリックしてください。それぞれの項目は以下の通りです。
監査名
⇒ 任意の名前

監査
監査アクションの種類
⇒ 一覧から監査したいアクションを選択 ※詳細はこちらを参照

[3] 新しく作成したデータベース監査の仕様を右クリックし、「データベース監査の仕様の有効化」を選択します。
[4] 監査の有効化が成功したことを確認して「閉じる」をクリックします。以上でデータベース監査の設定は完了です。 設定した監査イベントが発生するとログが記録されていきます。 記録された監査ログはこちらの手順を参考に確認してください
関連コンテンツ
 
Tweet