Windows 2012R2
Sponsored Link

SQL Server 2012 - 監査オブジェクトを作成する
2014/04/05
 
コンプライアンス対策として重要である監査の設定をします。
監査の設定にあたっては、事前に以下の手順で監査オブジェクトを作成しておく必要があります。
[1] SQL Server Management Studio を起動し、「セキュリティ」-「監査」を右クリックして「新しい監査」を選択します。
[2] 各項目を設定して「OK」をクリックしてください。それぞれの項目は以下の通りです。
監査名
⇒ 任意の名前

キューの遅延
⇒ 監査アクションの処理が強制されるまでの時間

監査ログの失敗時
続行
⇒ 処理は続行し、監査レコードは記録されないが、エラーが解決され次第記録は開始される

サーバーのシャットダウン
⇒ サーバーを強制的にシャットダウン

失敗の操作
⇒ 操作を失敗させる(監査ログイベントは発生しない)

監査の出力先
⇒ デフォルトの出力先の「ファイル」以外にも、Windows のイベントログにも出力可能

ファイルパス
⇒ 「ファイル」を選択の場合、ファイルパスを同時に指定

ファイル数の上限を監査
ロールオーバーファイルの最大数
⇒ 監査ファイルが最大数に達すると、最も古い監査ファイルが上書きされる

  「無制限」にチェックを入れると上書きなしで無制限に監査ファイルを生成

最大ファイル数
⇒ 監査ファイル数が最大数に達すると、監査イベントを生成させるアクションが失敗する

ファイルの数
⇒ 作成する監査ファイルの数
[3] 新しく作成した監査を右クリックし、「監査の有効化」を選択します。
[4] 監査の有効化が成功したことを確認して「閉じる」をクリックします。以上で監査オブジェクトの作成は完了です。 監査の設定には、続けて サーバー監査の設定データベース監査の設定が必要になります。
関連コンテンツ
 
Tweet