Windows 2012R2
Sponsored Link

リモートデスクトップサービス : セッションコレクションの作成
2015/02/08
 
リモートデスクトップサービスは「セッションコレクション」で管理・公開されるため、 サービスのインストール後には、まず、セッションコレクションを作成します。
[1] サーバーマネージャーを起動し、「リモートデスクトップサービス」をクリックします。
[2] 「セッションコレクションの作成」をクリックします。
[3] 「次へ」をクリックします。
[4] コレクション名を入力します。任意の分かりやすい名前で OK です。
[5] RD セッションホストサーバーの指定を行います。サーバープールの選択欄からサーバーを指定して「→」ボタンをクリックし、 選択したサーバーが選択済みの欄に追加されていることを確認して、次へ進みます。
[6] コレクションにアクセスを許可するユーザー/グループを指定します。 以下のように Domain Users を指定した場合、ドメインユーザーは全てアクセス可能となります。 より制限をかけたい場合は、ユーザーやグループを個別に指定してください。
[7] ユーザープロファイルディスクの指定です。プロファイルディスクを有効にすると異なる環境で同じ設定を利用できます。 指定は C:\ ~ とフルパスで指定します。ここの例では有効にはせずに次へ進めます。
[8] 内容を確認し、「作成」ボタンをクリックします。
[9] 終了したら「閉じる」ボタンをクリックして完了です。 ここまでの設定で、リモートデスクトップ接続は可能な状態になっています。
関連コンテンツ
 
Tweet