Windows 2012R2
Sponsored Link

リモートデスクトップサービス : インストール
2015/02/08
 
先に設定したリモートデスクトップの機能では、ライセンスの関係上、シングルセッションでのみ接続可能です。 これをサーバーサービスとしてマルチセッションで接続できるようにするには、リモートデスクトップサービスの役割を追加する必要があります。
[1]
リモートデスクトップサービスの役割を追加するサーバーは、ドメインのメンバーサーバーである必要があります。
よって、こちらを参考に Active Directory ドメインサービス を追加したサーバーを、別途準備しておきます。
(ドメインコントローラーにリモートデスクトップサービスを追加することは、セキュリティリスクやパフォーマンスの関係上、非推奨となっています)
[2]
[3] リモートデスクトップサービスを追加するサーバーに Domain Admins に所属するユーザーでログオンし、「スタート」-「サーバーマネージャー」を開きます。
[4] 「役割の追加」をクリックします。
[5] 「次へ」をクリックします。
[6] 「リモートデスクトップサービスのインストール」を選択して次へ進みます。
[7] 例として、ここでは「標準の展開」を選択して次へ進みます。
[8] 「セッションベースのデスクトップ展開」を選択して次へ進みます。
[9] 「次へ」をクリックして次へ進みます。
[10] RD 接続ブローカーサーバーの指定を行います。 ドメイン参加メンバーサーバーの一覧がサーバープールの欄に選択肢として表示されるので、RD 接続ブローカーサーバーとしたいサーバーを選択して「→」ボタンをクリックします。
[11] 選択したサーバーが選択済みの欄に追加されていることを確認し、次へ進みます。
[12] RD Web アクセスサーバーの指定を行います。RD 接続ブローカーサーバーと同様に、サーバープールの選択欄からサーバーを指定して「→」ボタンをクリックし、 選択したサーバーが選択済みの欄に追加されていることを確認して、次へ進みます。
[13] RD セッションホストサーバーの指定を行います。RD 接続ブローカーサーバーと同様に、サーバープールの選択欄からサーバーを指定して「→」ボタンをクリックし、 選択したサーバーが選択済みの欄に追加されていることを確認して、次へ進みます。
[14] 「必要に応じてターゲットサーバーを自動的に再起動する」にチェックを入れ、「展開」ボタンをクリックします。
[15] インストールが開始します。途中、自動的に再起動する場面があります。再起動後、インストールは継続されます。
[16] インストールが全て成功したら「閉じる」ボタンをクリックしてインストールを完了します。
関連コンテンツ
 
Tweet