Windows 2012R2
Sponsored Link

NFS 共有フォルダを設定する
2015/02/27
 
NFS 共有フォルダの設定です。
例として、ある特定のクライアントコンピュータからのアクセスを許可する認証不要のシンプルな NFS 共有フォルダを設定します。
[1] サーバーマネージャーを起動し「ファイルサービスと記憶域」をクリックします。
[2] 「共有」をクリックし、「タスク」-「新しい共有」を選択します。
[3] 例として、ここでは「NFS 共有 - 簡易」を選択して進めます。
[4] 共有を設定するボリューム、またはフォルダを選択します。例としてここでは特定のフォルダに設定します。 「カスタムパスを選択してください」にチェックを入れ「参照」ボタンをクリックします。
[5] 共有を設定したいフォルダを選択します。
[6] 共有を設定するフォルダを確認し、よければ次へ進みます。
[7] 共有名等、変更したい箇所は変更して次へ進みます。
[8] 認証方法の指定をします。ここでは以下のような設定で次へ進めます。必要に応じて用途に適した認証方法に変更してください。
[9] 共有のアクセス許可を設定します。「追加」ボタンをクリックします。
[10] アクセス許可する方法を指定します。ここでは「ホスト」を選択して「読み取り/書き込み」のアクセス許可を与えます。 許可したいホストのIPアドレスを入力し、「追加」ボタンをクリックします。
[11] アクセス許可の内容を確認して次へ進みます。
[12] ファイルに対するアクセス許可の設定です。内容を確認し、必要に応じて追加設定してください。
[13] 内容を確認し、よければ「作成」ボタンをクリックします。
[14] 完了したら「閉じる」ボタンをクリックして終了します。以上で共有の設定は完了です。
関連コンテンツ
 
Tweet