Windows 2008R2
Sponsored Link

リモートデスクトップ(サーバー側の設定)
2013/08/22
 
サーバーを他のコンピュータからリモート操作するために、リモートデスクトップの設定を行います。
外部からも接続するのであれば、ルーターで3389番ポートを開けておく必要があります。 ただし、セキュリテイの観点上はあまり好ましくないため、利用は内部に限定した方がよいでしょう。 外部から行うとしても、3389番をそのまま開けるのではなく、ルーターの設定で他の適当なポートから 3389番にフォワードするようにしておいた方が無難です。
[1] 「スタート」-「管理ツール」-「サーバーマネージャー」を開きます。
[2] 「リモートデスクトップの構成」をクリックしてください。
[3] 下段のリモートデスクトップのオプションから、一番下の「ネットワークレベル認証で~~」を選択してください。 すると以下のようにファイアウォールの例外のポップアップが出るのでOKしてください。以上でサーバー側の設定は完了です。
関連コンテンツ