Windows 2008R2
Sponsored Link

Active Directory - NIS機能を追加する
2013/08/26
 
NIS機能を追加し、UNIX/Linux の NIS クライアントからも認証できるようにします。
[1] 「スタート」-「管理ツール」-「サーバーマネージャ」を開き、 左メニューの「役割」を選択して、右ペインで中央あたりにスクロールさせ「役割サービスの追加」をクリックします。
[2] 以下のように「UNIX用ID管理」にチェックを入れ次へ進みます。
[3] 「インストール」ボタンをクリックし、インストールを開始します。
[4] 「閉じる」ボタンをクリックするとすぐに再起動するか聞かれるので、変更を有効にするために再起動してください。
[5] 再起動後に再度「サーバーマネージャ」を開き、「役割」から「Active Directory ドメイン サービス」をクリックします。
[6] 左ペインで以下のように「NISサーバー」を選択し、右ペインのホスト名を右クリックして「UNIX パスワードの暗号化」を開きます。
[7] 以下のようにパスワードの暗号化を「crypt」から「md5」に変更しておきます。
[8] 左ペインの「パスワードの同期」を右クリックし、「プロパティ」を開きます。
[9] 「全般」タブでパスワード同期の方向を設定しておきます。 以下のようにパスワード同期の方向を両方有効にしておけば、 Windowsクライアントからも(通常のパスワード変更方法)UNIX/Linuxクライアントからも(yppasswdでの変更)パスワード変更をすることができます。
[10] 「構成」タブに移り、「WindowsからNISへのパスワード同期」を「有効にする」にチェックを入れ、以下のように確認画面で「はい」をクリックします。 以上でNISサーバーの基本的な設定は終了です。
関連コンテンツ
 
Tweet