Windows 2008R2
Sponsored Link

Active Directory - DC(ドメインコントローラ)を新規に構成
2013/08/26
 
DC (ドメインコントローラ) を新規に構成します。
[1] 「スタート」-「管理ツール」-「サーバーマネージャ」を開き、 左メニューの「役割」を選択して、画面中央あたりの「Active Directory ドメインサービス」をクリックします。
[2] 画面中央あたりの「Active Directory ドメインサービス インストールウィザードを実行」をクリックします。
[3] 「詳細モードインストールを使用する」にチェックを入れて次へ進みます。
[4] 「次へ」をクリックします。
[5] 「新しいフォレストに新しいドメインを作成する」にチェックを入れ、次へ進みます。
[6] フォレストルートドメインのFQDNを入力します。
[7] NetBIOS名を設定します。
[8] フォレストの機能レベルの設定をします。 古いバージョンのドメインコントローラを後から追加する予定がないのであれば、ここは「Windows Server 2008 R2」でOKです。 設計・計画に応じて適切なものを選択してください。
[9] すでにインストール済みのものはグレーアウトされています。 未導入、且つ、同時にインストールするものにチェックを入れ、次へ進みます。 ここではDNSサーバーにチェックを入れて進むことにします。
[10] DNSサーバーも同時に構成する場合に以下のような警告が出ます。「はい」をクリックして次へ進みます。
[11] データベースやログファイルを保存するフォルダを指定します。特別な要件がなければデフォルトのままでOKです。
[12] ディレクトリサービス復元モードの管理者パスワードを設定します。
[13] 構成を確認して次へ進みます。
[14] 構成処理が開始します。以下のように「完了時に再起動する」にチェックを入れていると、終了時に自動的に再起動します。
[15] インストール終了したら「完了」をクリックして再起動してください。
[16] 再起動してログイン画面になると、以下のようにデフォルトのログオン先がドメインとなります。
関連コンテンツ
 
Tweet