Windows 2008R2
Sponsored Link

Active Directory - NISユーザーを設定する
2013/08/26
 
ドメインユーザーをUNIX/LinuxマシンのNIS認証に対応させます。
[1] 「スタート」-「管理ツール」-「Active Directory ユーザーとコンピュータ」を開き、NIS認証に対応させたい対象のユーザーを右クリックしてプロパティを開きます。
[2] 「UNIX属性」のタブに移動し、以下のように「NISドメイン」の一覧から該当のものを選択し、UID等それぞれの項目を設定します。 グループは事前に作成しておくことが必要です。以上でユーザーの設定は終了です。ちなみにユーザーパスワードは一度は変更しておいてください。
[3] システムの環境変数も設定しておきます。コマンドプロンプトを開いて「setx DEFAULT_NIS_DOMAIN (ホスト名) -m」とコマンド入力し、 デフォルトNISドメインを設定しておきます。
[4] 一旦コマンドプロンプトを閉じて再度開き、UNIX/Linux と同じように「ypcat passwd」と打ち、以下のように結果が返ってくることを確認してください。
[5] UNIX/Linuxクライアント側のNIS設定は特別な設定は必要なく通常通りです。 例えばCentOS 6 であればこちらの例の通りです。 NISクライアントの設定をしたマシンへ、以下のように Active Directory のドメインユーザーでログインできるようになります。
関連コンテンツ
 
Tweet