Vine Linux 4.1
Sponsored Link

バーチャルドメインの設定
2008/08/25
  ホストに関連づけているドメイン名とは別のドメインも扱えるようにバーチャルドメインの設定をします。
新たに取得したドメイン名を virtual.info として、
userA が通常のドメイン名 userA@srv.world
userB が追加のドメイン名 userA@virtual.info
でメールを受け取れるように設定します。 事前準備として、取得したドメインについて、レジストラでDNS登録を済ませておく必要があります。

[1] まずは新規ドメイン名をネームサーバーに追加して名前解決できるようにしておきます。
[root@ns root]#
vi /etc/named.conf


# view "internal" の中に以下を追加

zone "virtual.info" IN {

type master;

file "virtual.info.lan";

allow-update { none; };

};


# view "external" の中に以下を追加

zone "virtual.info" IN {

type master;

file "virtual.info.wan";

allow-update { none; };

};


[root@ns root]#
cp /var/named/srv.world.lan /var/named/virtual.info.lan

[root@ns root]#
cp /var/named/srv.world.wan /var/named/virtual.info.wan

[root@ns root]#
vi /var/named/virtual.info.lan


# 必要なところは変更し、不要な箇所は削除して以下のようにする

$TTL 86400
@
IN
SOA
ns.srv.world.
root.virtual.info.
(

200707
0601
;Serial

3600
;Refresh

1800
;Retry

604800
;Expire

86400
;Minimum TTL

)
IN
NS
ns.srv.world.

IN
A
192.168.0.17

IN
MX 10
mail.srv.world.


mail
IN
A
192.168.0.17


[root@ns root]#
vi /var/named/virtual.info.wan


# 必要なところは変更し、不要な箇所は削除して以下のようにする

$TTL 86400
@
IN
SOA
ns.srv.world.
root.virtual.info.
(

200707
0601
;Serial

3600
;Refresh

1800
;Retry

604800
;Expire

86400
;Minimum TTL

)
IN
NS
ns.srv.world.

IN
A
172.16.0.82

IN
MX 10
mail.srv.world.



mail
IN
A
172.16.0.82


[root@ns root]#
dig mail.virtual.info.


;; ANSWER SECTION:
mail.virtual.info. 86400   IN   A    192.168.0.17  
# 正常応答
[2] バーチャルドメインの設定をしてやります。
[root@ns root]#
vi /etc/postfix/main.cf


# 最終行へ以下2行追記

virtual_alias_domains = virtual.info
virtual_alias_maps = hash:/etc/postfix/virtual


[root@ns root]#
vi /etc/postfix/virtual


# 最初の行へ追記

userA@virtual.info
userB


[root@ns root]#
postmap /etc/postfix/virtual

[root@ns root]#
/etc/rc.d/init.d/postfix restart

Postfixを停止中:
[ OK ]

Postfixを起動中:
[ OK ]
[3] 後は、いつも通りクライアントの設定をしてやれば完了です。
関連コンテンツ
 
Tweet