Vine Linux 4.1
Sponsored Link

バーチャルホストの設定
2008/08/25
  バーチャルホストの設定をして複数ドメイン名を扱えるようにします。

以下の例で、既存のドメイン名を「srv.world」( ルートディレクトリは /var/www/html ), バーチャルドメインで運用するドメイン名を「virtual.info」( ルートディレクトリは /home/vine/public_html )として設定し、両者のドメイン名で外部から アクセスできるようにしてみます。( 事前に新たに割り当てるドメイン名をレジストラでDNS登録しておく必要があります。 )

[1] まずは事前準備としてネームサーバーに追加のドメイン名「virtual.info」を定義しておきます。
[root@ns root]#
vi /etc/named.conf


# view "internal" の中に以下を追加

zone "virtual.info" IN {

type master;

file "virtual.info.lan";

allow-update { none; };

};


# view "external" の中に以下を追加

zone "virtual.info" IN {

type master;

file "virtual.info.wan";

allow-update { none; };

};


[root@ns root]#
cp /var/named/srv.world.lan /var/named/virtual.info.lan

[root@ns root]#
cp /var/named/srv.world.wan /var/named/virtual.info.wan

[root@ns root]#
vi /var/named/virtual.info.lan


# 必要なところは変更し、不要な箇所は削除して以下のようにする

$TTL 86400
@
IN
SOA
ns.srv.world.
root.virtual.info.
(

2007
072401
;Serial

3600
;Refresh

1800
;Retry

604800
;Expire

86400
;Minimum TTL

)
IN
NS
ns.srv.world.

IN
A
192.168.0.17

IN
MX 10
ns.srv.world.


www
IN
A
192.168.0.17


[root@ns root]#
vi /var/named/virtual.info.wan


# 必要なところは変更し、不要な箇所は削除して以下のようにする

$TTL 86400
@
IN
SOA
ns.srv.world.
root.virtual.info.
(

2007
072401
;Serial

3600
;Refresh

1800
;Retry

604800
;Expire

86400
;Minimum TTL

)
IN
NS
ns.srv.world.

IN
A
172.16.0.82

IN
MX 10
ns.srv.world.


www
IN
A
172.16.0.82


[root@ns root]#
/etc/rc.d/init.d/named restart

namedを停止中:
[ OK ]

namedを起動中:
[ OK ]

[root@ns root]#
dig www.virtual.info.


;; ANSWER SECTION:
www.virtual.info. 86400   IN   A    192.168.0.18  
# 正常応答
[2] Apache にバーチャルホストの設定をします。以下の例では元ドメイン「srv.world」のドキュメントルート( /var/www/html )と 追加ドメイン「virtual.info」のドキュメントルート( /home/vine/public_html )の所有者は両方とも 'vine' にしてあります。
[root@ns root]#
vi /etc/apache2/conf/httpd.conf


# 971行目:コメント解除

NameVirtualHost *:80

# 最終行:以下7行, 元ドメイン用追記

<VirtualHost *:80>
   DocumentRoot /var/www/html
   ServerName www.srv.world
   ErrorLog logs/srv.world-error_log
   CustomLog logs/srv.world-access_log common
</VirtualHost>


# 最終行:以下6行追加ドメイン用追記

<VirtualHost *:80>
   DocumentRoot /home/vine/public_html
   ServerName www.virtual.info
   ErrorLog logs/virtual.info-error_log
   CustomLog logs/virtual.info-access_log common
</VirtualHost>


[root@ns root]#
/etc/rc.d/init.d/apache2 restart

Stopping httpd:
[  OK  ]

Starting httpd:
[  OK  ]

[3] (1)の[4]で作成した元ドメイン「server-linux」の テストページにアクセスしてバーチャルホストが効いているか動作確認してみます。 以下のようなページが表示されればOKです。
 
[4] 追加ドメイン「virtual.info」用のテストページを作成し、アクセスしてバーチャルホストが効いているか動作確認してみます。 以下のようなページが表示されればOKです。
[root@ns root]#
cd /home/vine/public_html

[root@www public_html]#
vi index.cgi


#!/usr/local/bin/perl

print "Content-type: text/html\n\n";
print <<"EOM";
<html>
<body>
<div style="width:100%;font-size:40px;font-weight:bold;text-align:center">
Virtual Host Test Page<br>
owned by vine </div>
</body>
</html>
EOM
exit;


[root@www public_html]#
chown vine. index.cgi

[root@www public_html]#
chmod 705 index.cgi

[root@www public_html]#
ll

total 4
-rwx---r-x 1 vine vine 240 2007-06-14 19:13 index.cgi
 
関連コンテンツ
 
Tweet